概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ドーム群ものがたり
2006年05月03日 (水) | 編集 |
小さい(多分小学生)の頃読んで印象に残っていたこの本。
本屋では見当たらなかったので、結局当時と同様に図書館から借りて読む事に。
値段見たら結構高かったので借りてよかったとは思ったが…


で、3部作全部読破。
空色勾玉はともかく、ドーム群ものがたりの方は丸っきり児童書風の訳し方、テキストになっており、この歳になってから読むのは少々厳しかった。恐らくそれ故に小学校時代の自分には空色勾玉よりこちらの方が読み易く、印象に残ったのだろうが…

そういうわけで読み易く、お子さんにも安心してオススメできます。
このご時世に子供に本なんて何読ませればいいか分からねーよという親御さんに是非。

図書館で借りられるしな。

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。