概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週末
2006年06月04日 (日) | 編集 |
だかしかし何事に対してもやる気でねー
RPGにも疲れたし…

よしコンボ練習をしよう

practice_mai.jpg
しかし難易度高い割に減らんな


EFZはコンボゲーである(と、思う)からして、コンボが出来なくては話にならないのであり、その為には修練と研究が欠かせないのである(研究は人任せの部分が多いが)。
ええと、さしあたってどうにか動ける程度のLVまで上げる為に何が必要だろうか。

いろいろあるがとりあえず基本として、

画面端赤ICのみコンボ
画面端赤IC+ウサミミコンボ
画面端ウサミミのみコンボ
画面端のみコンボ
画面中央赤ICのみコンボ
画面中央赤IC+ウサミミコンボ
画面中央ウサミミのみコンボ(あるのか?)
画面中央のみコンボ


ここら辺は修めておく必要があるであろう。青ICは今は適当で。
その上で、状況に応じて適切な手段を取捨選択するだけの錬度が必要とされる。








面倒臭ッ!

ウサミミがいる分、パターンが多いんだよなあ。
大抵は経験がモノを言うのだろうが、それが無い僕には修練あるのみか…

難儀な話っすね
スポンサーサイト

図書館戦争
2006年06月04日 (日) | 編集 |
メディアワークス 著者:有川 浩

この人の本はテキストが読み易いし読ませるし後味がいいし、で読んでいて安心出来る。安心出来るというの変な表現っぽいが、実際そうなのだから仕方ない。
今回も例に漏れず、それなりのボリュームがあるにも拘らず、それを全く苦にすることなく終わりまで読む事が出来た。素晴らしい。

ただ、個人的には前作である「海の底」の方が好きだが。


この人の本はいずれ友人共にも読ませてみたいところである。
本を読む習慣は無いっぽい奴らだが、AVGのテキスト読めるなら本だって読めるであろう。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。