概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お好み焼き演習
2006年07月30日 (日) | 編集 |
もやしとキャベツが余っていたのだ。
が、私はもやしとキャベツにて構成される料理に心当たりが無かった。
そこでパンダに相談してみたところ、お好み焼きがいけるという回答が得られた。

(ちなみに他には野菜炒めというありきたりなメニューと野菜ジュースという如何ともしがたい調理法(何せミキサーの類が無い)を薦められたが却下した)


お好み焼き!

はっきり言おう、お好み焼きは好物である。
俄然食欲を刺激された私はパンダに作り方と必要な食材を聞いてみたのだが…


[READ MORE...]
スポンサーサイト

C 配列にデータを入力する
2006年07月30日 (日) | 編集 |
つっても最初の配列の時に既に入力しているが。
だがまあ正式な入力方法、ということでここはひとつ手を打とうじゃないか。

データの終わり、も関わってくるみたいだしな。
[READ MORE...]
C 配列データの初期化
2006年07月29日 (土) | 編集 |
intだのcharだのdoubleだのを初期化(最初に値を設定する)ことは今までに何回か行っているが、配列も同様、初期化を行うことが出来る。


ってわけでその方法についてだ。
[READ MORE...]
マルタ・サギーは探偵ですか?
2006年07月29日 (土) | 編集 |
富士見ミステリー文庫 著者:野梨原 花南

友人から借りて読んだが気に入ったので自分でも購入したシリーズ。
何ですかまた推理モノですかフフフ最近の私はそんなに知的に見えるんですかねいや実際そろそろ推理モノはお腹一杯な気分でもあるんですが特にカルタグラ以降

まあ貸してくれる分には借りておきましょうそんな分厚くもないし4冊あるけど



と、いったことを脳内に羅列しつつ借りて読んでみたのだが


なんか推理モノじゃねえ

ちょっとこれどういうこと。
そら確かに推理モノは最近食傷気味だとは思っていたがミステリー文庫というジャンルで、このタイトルで、それはないだろう。ええいまた勝手に騙された。




ま、個人的な葛藤はさておいて肝心の中身。

上記まではなんかケチつけているように見えるかもしれないが、実際は読み易いし和むし、で悪くない。1冊があまり厚くないので、まさにライトノベルといった感じに気軽に楽しむことが出来る。そのうちミステリー部分が増えていくのかもしれないが、今は別の意味で面白いのでこれはこれでいい。

和み分が足りてないというあなたにオススメの一冊です。


C 配列
2006年07月29日 (土) | 編集 |
printf、scanfを使った文字列の入出力の時にも出てきたな。
あの時はchar型で配列を宣言したが、実はintやdoubleなどでも配列は使えるらしい。

[READ MORE...]
C アルゴリズム演習1
2006年07月27日 (木) | 編集 |
プログラムを作ること自体はいろいろと関数とか書式、記述の仕方とか覚えれば出来るようになるそうなのだが、実際にまともなの作ろうと思ったら与えられた命題をどういう手順で行うかとかいったアルゴリズムをどうにかしなくてはいけないらしい。

楽器の扱い方を覚えれば音を出すこと自体は出来るようになるかもしれないが、作曲するには作曲家としてのスキルそのものが必要になる、みたいなものだな。

ちょっと違うか。


ま、とにかく書式、関数、記述の仕方を覚えるだけじゃ実用的なのは書けないから、アルゴリズムってのを理解出来るように演習しようってのが今回の目的だ。
[READ MORE...]
RONDE-輪舞曲- レビュー
2006年07月27日 (木) | 編集 |
RONDE-輪舞曲-
http://www.atlus.co.jp/cs/game/saturn/others/ronde.html

厳密にはRPGじゃないのだが。
かのアトラスが生み出した、魔神転生シリーズの最新作らしい。
が、割と地雷として有名なようであり…
PS版の真女神転生2と並んでアトラスの黒歴史と化しているフシがある。

そして私には地雷と分かっている地雷を踏むだけの度胸は残念ながら無いので、このゲームを最近クリアした知人の喜びの声を紹介するに留めておく。


あるユーザーより
まだLV25なんだが前半おわってしまった。やっぱ評判どおりにクソゲーだった。
絵がクソ、操作性がクソ、CDアクセス等の速度面がクソ。まともなのは音楽くらい。

FCのメガテンシリーズの方が魅力的に見える悪魔キャラクター。
名前が無いとピクシーとかネコマタとか気付かない程のクソ絵。
キー反応が悪く、キーリピートが早いので、ボタン押して「あれ?反応しない。」
と思って長めに押すとカーソルが2-3マス進む。といった感じのクソな操作性。
カットが基本のクソ絵とクソアクションと長いCDアクセスの戦闘シーン。
他にも、悪魔を倒した後でないと会話できないとか、敵側のユニットが行動するたびに
45度右か左に回転するマップとか、カットできない悪魔合体のクソムービーとか、
ヤマタノオロチが何故か女口調、交渉に成功すると「エルフが仲間になった。」
でユニット確認するとヤマタノオロチとか、「MAY I HELP YOU?」と非常にわかりやすい
英語で登場、中学高校レベルの英語でヒロインと会話しているのを最後に次ステージからは日本語しか話さなくなったチャーリーとか。中古50円でもおすすめ出来ない内容。


前半だけでこの手放しの褒めよう。まさに地雷の名に相応しい。
しかしレビューはクソゲーの方が見ていて面白いのは何故だろうか。
実際遊ぶ分には勿論名作の方が面白いのだが。


後半に続く。ネタバレあり。

[READ MORE...]
C 多重ループ
2006年07月26日 (水) | 編集 |
文字通り、ループの中にループが入っているような構造の話だ。
さすがにストーリー的には2重にループしているようなものは見ないな。

これまたややこしそうだが、ま、適当にやってみよう。
[READ MORE...]
対人戦
2006年07月26日 (水) | 編集 |
月曜日は対戦DAY、ということで対戦相手の家に対戦しに行く。
勿論バリバリの平日であり、次の日は普通に仕事である。



よく考えたら意味が分からない行為だな。
よく考えなくても意味が分からない行為かもしれないが。


EFZ
対舞戦を詰める必要がある、ということで相手をして貰う。
相変わらず弱弧月が見えない。こんな様で何故RF弧月が見切れようか。
相も変らぬ人間性能の低さを嘆きたくなったが、対戦相手の言葉により1つの真理を得る。

「RF弧月とかあまり使いたくないんだよね」
「ガードされると隙あるし」

そうだ。
私にとっては弱弧月もRF弧月も見えてないという点において大差ないのだった。
どうせ相手の癖を読まないと中段攻撃自体ガード出来ないのだ。
むしろウサミミ使わないとコンボもフォローもし難いRF弧月を使ってくれる分、中段の使用回数が減ってラッキーなのである。

アハハハハハハハハハハハハハ

馬鹿馬鹿しい。
問題は解決した。いや最初から問題ですらなかった。
やることもやれることも何も変わらない。
相手の癖を覚えて自分の動きの精度を上げるだけだ。

やれやれ。

自分より強い相手に当たったからといってこんな単純なことすら見失うとは情けない。
まあこんな様だから私は一定以上のレベルに到達出来ないのかもしれないが。


萃夢想
EFZの悩みが1つ解消されたので適当に対戦。
全然動きとか分からないし、コンボすら上手くいかないし、で、効率的な動きなんて全然出来ていないが、それは相手も同じである。いや相手はコンボとか狙ってくるか。

だが、0から組み立てるのもまた楽しいものだ。
突き詰めていくのとはまた違った楽しみがある。
大抵のゲームは始めたてが一番単純に面白いじゃないか。なあ?


今回はアリスと紫を使用した。
アリスとか言って丸っきりスペルカード依存の戦い方だったが…それを言うと紫もか…

修行が足りないな、全く。
逆にお陰で他のキャラを使う余裕もあると言えるが。
どのキャラも錬度が似た様なものであるし。



なかなか楽しい1日ではあったが、次の日仕事だというのに夜中まで遊んでいたせいで睡眠時間が激減した。つまり今日が辛かったということだが。
精神的には若々しくても体はどうにもならないようだ。
全く。精神が健全なのだから体も健全になってはどうかね!?

C 例題6 データの終わりのあるプログラム2
2006年07月25日 (火) | 編集 |
前回はprintf、scanfを使ってデータの終わりを用いるプログラムを作ったが、今回はgetcharやputcharを使うプログラムを作ってみる。
[READ MORE...]
C 例題5 データの終わりのあるプログラム
2006年07月23日 (日) | 編集 |
前回はEOF、^Zで入力を終えるプログラムを作ったが、今回は決められた数値で入力を終えるプログラムを作ってみる。


[READ MORE...]
東方萃夢想観察
2006年07月23日 (日) | 編集 |
先週末、対戦相手を強襲した。
前回対戦してから然程時間も経っていなかったので、大して進歩しておるまい…と適当に遊んでやるつもりでいたのだが


「何言ってるんですかここ数日萃夢想しかやってませんよ」



丸っきり想定の範囲外。相変わらず唐突だね君は。

そういうわけで今回は萃夢想だけ対戦してきたのであった。
[READ MORE...]
C データの終わりとEOF
2006年07月23日 (日) | 編集 |
これまたよく分からないな。いや分からないから勉強しているので分からないこと自体は問題ないのだが、何が分からないのかがよく分からないというのが困る。

だがよくある。

何処がよく分からないのかすらよく分からないので、とりあえず当該事項における概要だけどういうものなのか人に聞いてみることにしても、第一声が「で、何が分からないんだ?」だったりするとその場でミッション失敗みたいなアレだな。ちなみに「いや俺も何がよく分からんのか分からん」とか返したりすると向こうも途方にくれたりする。

あの微妙な間は何かのフラグか何かか。


まあそれは良い。過ぎたことだ。実際フラグも立ってない。多分。
今回は…ええと、scanfとgetcharによるデータの繰り返し入力において、データの終わりをどうやって判定するか、を学ぶんだそうだ。

…というかそもそもscanfとgetcharの繰り返し入力とやらがよく分からんのだが。
やはりよく分からないではないか。
[READ MORE...]
C 例題EX ループする条件判断を2種類
2006年07月22日 (土) | 編集 |
例題というか余興というか趣味というか。
丁度良く、2種類のループの仕方が分かったのでそれぞれ判断するプログラムを組んでみる。
[READ MORE...]
C ループする制御2
2006年07月22日 (土) | 編集 |
ループというか繰り返し、ということでfor文があるということは分かったが、これはfor文によって回数が決められているループなのである。
今回は回数が決められていない、while文によるループを見ていく。


っていうかストーリー的なループはどちらかというとwhile文的なループじゃねー?
~の条件を満たしたらループから抜ける、みたいな。
[READ MORE...]
C 例題4 ループを使った条件判断
2006年07月20日 (木) | 編集 |
1項目分しか進んでいないが、ここら辺は難しいので例題でもこなして慣れておく必要があるだろう。数列ってのは面倒臭いぜ全く。
[READ MORE...]
PC修理依頼
2006年07月20日 (木) | 編集 |
PCが壊れたという話があったので様子見、及び可能ならば修理を請け負った。

で、様子を見てみたんだが、とにかくOSが起動しない。
BIOSは起動するし、途中までは起動するのだが、OSを起動する段階でリスタートがかかってしまうようだ。
で、起動できねーならバックアップを取りたいとのことだったんだが、Knnopix(ver.4.2)で起動させてみてもHDDを認識しておらず、F11でのシステムの自動復元とやらの機能を利用しようとしてもSymantecのGhost9.0とやらのエラー画面が出てそれ以上はどうにもならず。

しゃあないのでメーカーである某社に連絡を取ったのであった。

んで、某社の見立て。

・HDDがイカれているらしい
・なのでHDDを交換する
・旧HDDは規定によりこちらで処理する

まあこれ自体は別に珍しくもない。どうしようもなくなればうちでもそうするだろう。
うちなら客の要望があれば旧HDDは返却するが。

興味深いのは費用だ。
大体、全部で5万円ほどかかったのだが…

交換されたHDDのスペックが、Ultra-ATAの160GB、7200回転 メーカーは不明(バラすわけにもいかんし)で推測されるHDDそのものの費用は9000円以下くらいか? 
これに往復の送料、箱代でううむ…まあ5000円くらい?

と、なると残りの35000円程がHDD交換及び再インストールの手間賃ということになる。




何この殿様商売

ええい羨ましい。
うちでもこれだけ取れないものだろうか。

…無理か。


ま、実際サービスは悪くないので利便性を重視する人にはそんなに高くもない…のか?
サービスセンターに電話すれば運送会社含めて全部手配してくれるし。
ただ、電話に出るのが遅いことがあるようだが。

とにかく、メーカー製PCを使っている人は何かあった時の修理費はそれなりに覚悟しとこうという話。保障期間内なら金かからない事もあるが(原因による)。

C ループする制御
2006年07月19日 (水) | 編集 |
ループというか、同じ処理を繰り返すような文の書き方だ。
for文とやらを使うらしい。最初のHelloを10回繰り返すprintf構文に出てきたな。
あれはHelloHelloHelloHelloHelloHelloHelloHelloHelloHelloと表示する文ではなく、Helloを10回繰り返して表示する文だったわけだ。


ループとか繰り返しとか円環とか環とかは結構好きなシチュエーションだから頑張るぜ。
物語の中くらい、永遠があってもいいじゃないですか。


後味良けりゃな。

[READ MORE...]
C 例題3 複雑な条件式と条件判断
2006年07月18日 (火) | 編集 |
if elseによる分岐と論理演算子を使った条件式を組み合わせたプログラムを作ってみる
[READ MORE...]
対美凪考察
2006年07月16日 (日) | 編集 |
そこそこ対戦経験が蓄積されたのでまとめてみる。

というか
「お米券寄越せやオラ」「おいおい子供が見てるぜ?」

舞使った方が楽でした! 楽でした!


[READ MORE...]
C 複雑な条件式
2006年07月16日 (日) | 編集 |
もうタイトルからして面倒臭いぞって感じの条件式。
お前は本当に入門書なのかと問いたい。
だが入門書が複雑であってはならないという道理も無いことに気付く。

全く仕方が無いな。
[READ MORE...]
C 条件判断
2006年07月15日 (土) | 編集 |
梅雨も終わり、天の恵みを受けた草木も薫る今日この頃、如何お過ごしでしょうか?

今回のC言語は条件分岐の1、if else構文についてでございます。
単純な入出力は概ね履修なされたことかと思いますが、実際には矢張り様々な条件下において適切な処理が為されなくてはならないわけです。

それでは、その為の条件判断の文を見ていきましょう。
[READ MORE...]
何時になったらつよきす再開するのか
2006年07月13日 (木) | 編集 |
特に名言というわけでもあるまい。台詞的には割とあるタイプである。

myth.jpg

だが何故か一瞬泣きそうになった。
そら植物だからな。どこにいっても居る。
飾りでもなく慰めでもなく、一片の嘘もなく心底本気でそうなのだろうよ。
そしてこの先の話を私は知っている、はず。だからだろうか。

さすがに感情は考察しても分からん。特に自分のは。
とりあえず、もちっと進めてみようか。


とはいえ、困ったことにゲーム的には適度に難しくて面倒臭い。
シナリオだけを純粋に楽しみたいものだね全く。


C 1文字単位の入出力
2006年07月13日 (木) | 編集 |
何のことやら、という感じではある。
だがしかし、今の俺はとりあえずそういうことにしておいて話を進めれば、いずれその問題は解決する(場合もある)という事を知っている。

ちなみにとりあえずそういうことにしておいて重要な部分を聞き忘れた為に、後になって随分と面倒臭い事になり、自分を呪い殺したくなるほど後悔したこともある事を幸いにして俺はまだ忘れてはいない。


つまり状況判断が大事ってことだな。
当然過ぎる上に抽象的過ぎて何の役にも立ちやしねー。

今回はgetcharとputcharという関数?の話だ。
[READ MORE...]
今月の電撃
2006年07月12日 (水) | 編集 |
ふらふらと生きている人間に吸い寄せられるゾンビのように本屋に行って新刊を物色。
まあそれはいつもと変わらないんだが、今月はちょっと量が多かった。
財布が…財政が…なーに、心の糧と思えば…殿! ロマンでは飯は食えません!

金が欲しい。欲しい本を全て買い占めても精神的安定を保てる程度の金が。


空の鐘の響く惑星で 11巻 著:渡瀬 草一郎
好きな著者の人の本。正確にはこの人の書く本が好き、ということになる。統計的に。ついでに今の所外れ無し。読ませるし読み易いし。だがまあそれは置いておこう。
主役級に能力的にも精神的にも強い人達が多く、安心して読んでいられると思いきや、敵側も油断ならないのばかり居る為に実はあまり安心できないという曲者的なこのシリーズも次で完結だそうな。クライマックスが気になるところだな。なんというか、終わりはとても難しい。
が、さほど心配はしていない。この人は下手は打たないだろう。


座敷童に出来るコト 6巻 著:七飯 宏隆
最初に出した「ルカ」っていう小説がちと泣きそうになった著者の人の本。意味分からん。
正確にはこの人が最初に出した「ルカ」っていう小説でちと泣きそうになった、だ。
最初からそう言えば良い。存外口下手だな、私も。
ってわけで続けて買ってみたシリーズだったのだが、残念ながらあまりぱっとしなかった…んだが、3巻辺りから展開変わって面白く感じるようになり、その後はノンストップで読破したり。我ながらよく分からない集中の仕方だな。
そんな感じで個人的に割と後ろめたかったこのシリーズもこの巻で完結です。
勿論ネタバレなんてしないので興味ある人は自分で確かめると良い。


哀しみキメラ 2巻 著:来楽 零
結構前に何か賞受賞ってことで買った本の続きの模様。面白かったし読み易かったし読ませるし、ということで結構期待していたりする。まだ読んではいない。
後味良いといいが。


学園キノ 著:時雨沢 恵一
この人の本は独特の味がして好きである。シュールだし。
まだ読んでいないが多少舞台が変わったところで問題ないだろう。

というかそもそもパロディを好む私はそういったものを問題としない。

最近はアリソンシリーズの方が好きだったりするが、それはまた別の話。


シリアスレイジ 4巻 著:白川 敏行
主人公が強いタイプの話。読み易いし、自然との付き合い方のようなものを考えさせられる一面もあるし、と、割と為になる本ではあるが…今回ばかりは読む気がしない。

だって今月のは上巻だし。下巻出てないし。

下巻が出たら続けて読むつもり。下手に上巻だけ読むと話忘れるしなあ。


おまけ
広告の裏の右隅にあった。

『図書館戦争』シリーズ第2弾!

図書館内乱

2006年9月10日発売(予定)!!




伏線が収束しきってねーと思ったら続きモノかよ!?

ああくそ勝手に騙された!!

早速予約予約、と、行動したいところだが冷静になってみると(予定)の2文字が大変気になって仕方が無い。ううむ…過度の期待は禁物か。8月中旬までは忘れておくことにしよう。
そう簡単に記憶をどうにか出来るとは思えないが、幸い私は忘れっぽいのである。
私の英痴は記憶力だって乗り越えてみせるさ。

忘却力、フルパワー!

blogに残している時点でこの試みは失敗を約束されている気もするが。

C 文字とアスキーコード
2006年07月11日 (火) | 編集 |
飯挟んで勉強。
晩飯の焼きソバは明らかに許容限界レベルの量だったのだが胸焼けせず。
凄い…これが乳酸菌の力…?!

「いやサラダ油じゃなくてゴマ油使ったから」


そうですか。


まあ胸焼けしねーのはいいことだ。アレ横になる以外何も出来なくなるからな。
今回は文字とアスキーコードについて。
[READ MORE...]
C 文字列の入出力
2006年07月11日 (火) | 編集 |
火曜日は勉強Day。
っつか暑い。暑い。暑い暑い暑い。暑くて死ぬぜ。
クーラーは偉大だね全く。ここにないけどな。


printfやscanfを使って整数や実数のデータを入出力する方法については既に述べた。
今度は文字列を入力してみよう。
[READ MORE...]
美凪遠中考察
2006年07月09日 (日) | 編集 |
先週末、結構酷い目に遭わされたので少し対策を考えることにした。
相変わらず演算能力と情報収集能力に欠けているので個別対応しか出来ないが。

総括的に見るべきだと分かってはいるのだが…今の私にはこれが限界である。
それは後の楽しみに取っておくとしよう。


では、比較的絶望を語ろうか。
[READ MORE...]
C 例題2 データを入力して計算
2006年07月09日 (日) | 編集 |
チュートリアルの2。
前回の例題ではprintfで計算結果を出力しただけだが、今回はデータをこちらで入力して計算し、さらに計算結果を出力してみる。
[READ MORE...]
C データを入力する
2006年07月08日 (土) | 編集 |
前にもやったがscanf関数だ。今回は整数とか実数とか色々突っ込むらしいな。


……変な想像するなよ?

余談だが自由時間よりも授業中とか仕事中の方がちょっとしたことでいやらしい想像して興奮し易いのは何故だろうか。俺だけ?

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。