概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


麻婆茄子
2007年10月02日 (火) | 編集 |
ナスのストックが少々多くなり過ぎたので消費すべく作成。
麻婆茄子の素も豆板醤も無かったが、ありあわせの調味料でも結構どうにかなった、むしろ個人的に好みの味付けになったので全く問題無し。
豆板醤無くてもどうにかなったのが意外。
このテの料理には必須だと思っていたのだが。

材料
ナス(小) 4個
ナス(中) 2個
人参(小?) 1本
ししとう 一袋のうち半分
ニンニク 一片
生姜 一片
豚挽肉 大体200円分

調味料
普通の味噌 大きめのスプーン2杯
コチュジャン ティースプーン2杯
テンメンジャン ティースプーン2杯
酒 大匙1杯程度
みりん 大匙1杯程度
水 大匙1.5杯程度
鶏ガラスープの素(粉末) ティースプーン2杯
鷹の爪 2個
ラー油 数滴
片栗粉+水 適当

ピーマンが無かったのでししとうで代用。
見た目も小さい細いピーマンなのであまり違和感は無し。味もピーマンより苦味が強いくらいであまり違いが無い気がする。ヘタを落として横に半分に切ってそのまま入れたが、食感に何か違和感があったので多少手間でも種と内部隔壁?は取り除いた方がいいかもしれない。
あるいは素揚げにして放り込めばいいんだろうか。
ナスは切った後、塩水に放り込んで灰汁取り。
毎回やっているが、これ意味あるんだろうか。

調味料は豆板醤が無いということで辛さをどうにかすべく鷹の爪やラー油を投入したが、コチュジャンでも辛さは得られたので実は必要なかった可能性もある。


調理手順
1.ナス、人参、ししとうを切る
2.調味料を混ぜ合わせる
3.生姜、ニンニクを刻む
4.サラダ油を投入し、ナスを炒める
5.人参とししとうを加え、ナスがしんなりするまで炒める
6.炒めた野菜をとりあえず皿に移す
7.サラダ油を投入し、豚挽肉を炒める
8.肉から出る油が透明になったら合わせた調味料を投入
9.刻んだ生姜、ニンニクも投入
10.少し炒めたら皿に寄せていた野菜を投入
11.混ぜ合わせるように炒める
12.適当に炒めたら火を止めて片栗粉を水に溶いて投入
13.もう一度火をつけて適当に炒める
14.完成

水に溶いた片栗粉はとろみをつける為に入れているものだが、この分量に対する調味料の量だととろみをつけるだけの汁気があるようには思えないので必要無かったかもしれない。
やはり調味料の量増やさないとならんか。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。