概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、というか去年の夏から年末にかけて読んだ本2
2008年01月28日 (月) | 編集 |
活字の方。脳神経系の3冊以外

オーパーツの謎 二見書房 著者:南山 宏 
これまた親父殿のオススメ。
こういうのはオカルトの領域かと思っていたが、当時の技術では説明出来ない各種の訳のわからんシロモノが何点か、各地で発見されていることは事実らしい。
オカルトっぽいのが関わってくるとしたら解釈の方か。

水晶髑髏やイースター島のモアイ、ピリレイスの地図等は有名だが、他にもあるわあるわ。
大石球は列 海王にでも任せればいいとして、巨石建築とか誰がどうやったんだか。
現時点では合理的な説明が全く出来ないが、それでも存在しているのは確かであるというジレンマ。事実は小説よりも奇也。ロマーン!

ちなみにオーパーツとはout-of-place artifacts の略で、
"場違いな工芸品"といった意味らしい。


へんないきもの三千里 basilico 著者:早川いくを
あの「へんないきもの」の続編?
今回は小説なので少々毛色が異なるが、相変わらずの不思議生物と味のある挿絵は変わらない(ただ、小説故に挿絵のページは少ないが)のでへんないきものが好きな人は特に抵抗もなく読めるのではないかと思う。
小説としても悪くないので、小説読みでナマモノが好きな人にもお薦め。割といい話です。


手紙 著者:東野 圭吾
こちらは母親の薦め。図書館から借りてきた本らしい。返却済みなので出版社は分からない。
最近ではガリレオというドラマで(恐らくは)有名になった人の本であり、当然推理小説かと思って読んでいたのだが、実際は全然推理小説では無かった。また勝手に騙された。

タイトルからは想像し難いが、被害者の遺族だけでなく、加害者の家族も様々な事で苦しむ事になるという、結構きつい話。
感情では理不尽と感じるが、理屈の上では納得出来る上に現実味もある。
しかし自分ももっと頑張らないとなあ、と前向きな気持ちにさせてくれる本でもあった。
テンションが下がりがちな人にお薦めしたいところ。

もしかしたら余計欝になるかもしれないが。
スポンサーサイト

最近のDS
2008年01月24日 (木) | 編集 |
最近の、というよりここ最近まで遊んだDSのゲームと言うべきか。
どちらにせよ大差ないが。

テイルズ オブ イノセンス
略称TOI。テイルズの新作。60時間くらいハマって遊んでいた。大半がギルドDと雑魚虐殺の時間だが。
前作は地雷と名高いようだが、今作はDSにしてはかなり頑張っていると思う。
フリーランやワンタッチでキャラを切り替えてコンボ継続、銃の追加、等、戦闘が楽しい。
ただ、L1L2R1R2を使ったショートカットが使えなくなったという結構痛い欠点もあるが…。
面白い部分と明らかに目に付く欠点が混在しているので微妙に薦め難いゲームではある。

シナリオには期待出来ない。
が、今回はいいキャラが多かったので割と相殺出来ていた感じ。


FF4
DSリメイク。結構ハマって遊んでいたがTOIよりもプレイ時間は短い。
シリーズの中で2番目に好きなFFなのだが、何せプレイしたのが15~16年程前、当時の自分は中学生、という事もあって改めてプレイするとところどころで違和感を感じたりもした。

「こんなに展開の早い話だっけ?」

SFC版と比べると戦闘が随分と難しくなっており、全体攻撃を使う敵が複数出たり不意打ちされたりすると世界樹ばりに全滅する、というか個人的には世界樹よりも全滅回数は多い。
その代わりか、レベルは上がり易くなっているが、金が妙に稼ぎ難くなっており、ついでに強さもかなり装備に依存しているので、今までとは違ってレベルさえ上げておけばジェノサイド雑魚キリングターイム!という訳にはいかないのでやっぱり結局難易度は高い。

そういう訳で難易度がそこそこ高いRPGでシステムを楽しみたい人向けだろうか。
戦闘のテンポが少々悪い、システムがややもっさり、ボイスが微妙、辺りが欠点だが。


高速カードバトル カードヒーロー
未クリア。シニアまで進んだ。
この手のゲームは対人戦が華だとは思うが、CPU相手も気軽で楽しい。
というかCPU相手でも勉強になる事がまだまだ多いので対人戦は当分後か。
ルールやカードの用法もゲーム中で教えてくれるし、ダメージ計算等のシステムも親切なので自分のような初心者にもとっつき易く、その上で新たな発見や意外性もあり、奥も深く(多分)、何より集めたカードの特性を見てるだけでも面白い、という結構な当たりゲーム。
これで自分と近い実力の対戦相手が居れば言うこと無しなんだが。

週末
2008年01月22日 (火) | 編集 |
地元のゲーセン時代の知人らと新年会。久々にアルコールを摂取した。
持病もあり、イチゴミルクなんていうカクテルなんだか健康飲料なんだか分からないものをメインに飲んだり、飯も食いながら時間をかけて飲んだり、と、なるたけ胃腸を意識しながら飲んだのだが、それでもしっかり胸焼けに苦しめられた。更に、殆ど酔えなかった。

理不尽だ。

近況などはあまり聞かなかったが、接した分には皆あまり変わってなかったように思える。
いつも通り、素面と酔っている状態の区別が付かない程度には変な人達であった。

適度に飲んだ後はカラオケに行って適当に歌って終了。
アルコールを摂取した後で喉を使うのは結構厳しいと思うんだが皆普通に歌っていた。強え。


黄色い邪魔者
2008年01月08日 (火) | 編集 |
居間の方が自室よりも暖かいので、DSで遊ぶ時は大抵居間に居るんだが、

inko1.jpg
油断してるとすぐ黄色い生物が寄ってきて困る

何せ重いのである。
左手が動く度に居心地悪そうに身じろぎするが落ち着かないのはこっちも同じだこの野郎。

inko2.jpg
こっち見るな

つーかどっか行け

最近、というか去年の夏から年末にかけて読んだ本
2008年01月05日 (土) | 編集 |
活字の方。

脳の中の幽霊 角川書店 著:V.S.ラマチャンドラン 訳:山下篤子
親父殿のオススメ。下手な推理小説より面白いとの事。
タイトルに幽霊とあるが、内容はオカルト関係ではなく(タイトルの幽霊というのもghostではなくphantomの方である)、脳という単語が示す通り、脳内で起こっている様々な働きに関しての本になっている。
内容がちょっと難しい上にボリュームもかなりあるので読み終えるのにかなり時間がかかった。
夏~年末にかけての読書時間の大半がこれに費やされたんじゃないだろうか。
小説と違い、やろうと思えば自分の興味のある部分だけ齧り読んでも然程問題ないので、ちょっとした時間に少しずつ目を通すといった事も可能なのが救い。

無い筈の腕や足などが痛を感じるという幻肢痛の話が恐らくメインだが、それ以外にも本人の自覚無しに見えない筈のものを知覚する脳の中のゾンビーや人間なら普遍的に持っている盲点と盲点への書き込み(帳尻合わせ?)、現実を認識し情報を得る右脳とその情報を現実らしく加工する左脳、神の問題や進化論的な?疑問、等等、日常的に経験していてもおかしくない話も多く、脳神経とか心理学とかよく分からない領域に詳しくない素人な自分でも興味深く読む事が出来た。
また、テキストも堅苦しい訳ではなく、外国の人らしい妙なユーモアが時折あったりして面白い。ここら辺は和訳の人も上手いってのもあると思うが、下手な推理小説より面白いと言われるだけの事はあったと思う。
まあそもそも専門家だけではなく、一般的な人向けの本でもあるらしいので、あえてそういう書き方をしているという面もあるのだろうが。

ただ、ハマって真面目に読むと頭、というか脳の中が痒くなるような気がするので、そういうのをあまり好まないという人にはオススメ出来ない。
逆に言えば頭、というか脳の中を痒くしてみたい人にはオススメ。
自分らが何気無く処理しているリアルタイムな情報というものが、実際にはどれだけ複雑な仕組みによって処理され、認識(自覚?)に繋がっているか、垣間見ることが出来る

…かもよ?


脳の中の幽霊再び 角川書店 著:V.S.ラマチャンドラン 訳:山下篤子
そのまま、脳の中の幽霊の続編。
が、どちらかというと脳の中の幽霊の補足っぽい。内容が結構被る。

新しい話としては、自由意志の実験が面白かった。
任意のタイミングで行動するという実験なのだが、明らかに自分の意思で決めた筈のタイミングであるにも関わらず、実際に実行するよりも0.75秒程早く、脳では電位変化が生じている、という話である。
バキでも最近似たようなネタが出ていたような。
人間の意志が先なのか、それとも意志と呼ばれる概念そのものが単なる脳内の化学変化によるものに過ぎないというのか、割と聞く命題ではあるが、改めて考えると中々面白い。
ま、どっちであっても日常生活には支障がないし、どちらと主張する知識も無いんだが。

他にも芸術関係の話もあるが、芸術とかは自分とは縁がないのでパス。


火星の人類学者 ハヤカワ文庫NF 著:オリヴァー・サックス 訳:吉田利子
親父殿の所持する脳神経学シリーズの3冊目。
上2冊とは作者が違うが、この人の本も有名らしい。

白と黒の2色しか見えなくなった画家、トゥレット症候群の医師、自閉症の研究者、他、先天的か後天的か、恐らくは脳になんらかのダメージを負ったか、あるいは何かの機能が上手く働いていないのか、働かなくなってしまったのか?な人達の話。
ただ、ネガティブな面ばかりではなく、それらの病がある種の驚異的な才能、感性に繋がっている、繋がる事もある、という話でもある。
特に表題となっている火星の人類学者の項は普通にいい話だと思った。エッセイ系は殆ど読まない(少なくとも意識しては読んでいない)のだが、こういうものなのだろうか。
訳者の後書きも含め、よく出来た小説並に楽しめた一冊。
普通の文庫サイズなのでこちらの方が脳の中の幽霊より取っ付き易いと思う。
また、テキストとしても普通に読み易い。
和訳した人上手いな。


年始
2008年01月04日 (金) | 編集 |
祝日ということで久し振りにごつい肉ときついアルコールを摂取したら見事に腹下した。
腹下すのは食生活の改善始めてからでは初めての事ではないだろうか。
幸先いいわ、全く。

まあ肉も酒も美味かったが。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。