概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


赤玉オンライン
2005年10月24日 (月) | 編集 |
週末ということでやはりあの世に出稼ぎに行く。
慣れてきたもので、さほど苦になることもなく2階層のDを周回するのである。


うちのギルメンのスキル振りには何の役にも立たない、現時点における赤玉攻略法

高村さんはオールラウンダー(志望)である。
よって近接・弓・魔法問わず、持てる手段を駆使して戦っていく。
中途半端とか言わないように。
レシピ:レンジ6、マグナムF、ARB、スマB、ミル9、カウンター6、IB9

VS蛇
NORMALかSTRONG表記ならARやミルの修練目的に。
弓を使うか近接武器を使うかは上記や武器の熟練等、状況次第。
弓で食う場合はARが面倒が少なくてよい。硬直が少ない為である。

VS刺ラゴ様
STRONG表記であり、また、寄ってくる習性の為にミルの修練に最適。
普通に食う場合は弓でARか、近接で殴る。
近接の場合は魔法でトドメを刺すと次のラゴに対して先手を打てるので積極的に狙っていく。
最近よく使うのが、アタックx2(+1打と1打。つまりノックバックさせない)→カウンター→IB→色々というコンボ。
アタック2打は当然2打武器で行う。ARの最後の1発から繋ぐことも可能だが、その場合はアタック1回からカウンターに繋ぐこと。
2打した時に、ラゴデッサが光ればそれはディフェンス凍結なのでカウンターを解除して次の敵へ。
光らないならカウンターまで入れてからIBカウンターの要領でIBを詠唱、発射する。大抵はカウンター後は瀕死なのでIB→IBか、もしくはIB1発で昇天なされる。
が、しぶとく生き残られた場合にはIB後アタック等でとどめを刺さなくてはならない。長い硬直が残るのが残念だが。
ディフェンス硬直したラゴ様だけになったらスマやマグナムで美味しく頂いて終わり。

VS鎧白骨
恐らくは赤玉Dにおける死亡原因No.1の敵である。
反応後に即アタックに来ることが多いというのがその理由。
うっとうしいので積極的に凍結を狙う。
凍結狙いにはスマ→IB(orLB)や、IB→IB(orLB)、レンジ→IB(orLB)、AR2発、等を使うが、IBが数字だとスマ→IBやIB→IBで凍結を狙い難い(少しディレイをかけるとよい?)気がするので、出来ればARが良い。
レザーロングで遠目から狙えば、スマ凍結でも対応(ARを2回撃てたり、カウンターやミルを準備したり、IBを詠唱して当てたり、ARを解除して持ち替えて殴ったり)する余裕があるので安心。
クロスボウで狙う場合には、間合いがそれなりに近くなるのでカウンターで様子を見るのが安定。ARの3発目以降が無駄になるのが残念だが。
が、ここら辺はクロスボウの使用経験が少ないのでもう少し詰めが必要か。

凍結後
近接ならスマ→IB詠唱→(IB詠唱)→IB発射→カウンターで大抵沈む。スマ時、敵が光ったら凍結防止(何故かこういうときに限って凍結が成功したりする)とダメージ稼ぎを兼ねてIBの詠唱をもう1回追加。即スマに来てもIB数字なら詠唱→発射が間に合うので問題ない。
光らなかったら詠唱1回でそのまま発射する。
弓ならAR→AR→AR→AR→AR(→IB)で大抵沈む。
レザーロングである程度間合いを取って4射した場合、AR5射目がディフェンスされてもIBを詠唱して発射するくらいの余裕が出来る。
クロスボウで5射目にディフェンスされた場合にはカウンターを準備すること。

凍結させない場合
敵の数が少なかったり、面倒臭かったりする場合には、位置取りに注意しつつ普通にレンジカウンターなりARなりIBカウンターなりで食べる。

VS鎧赤骨
遠目の間合でタゲを取った場合には即アタックに来ることが少ないのでレンジ→レンジでも凍結を狙える。
弓を持っているが、持ち替えを見てからIBで余裕で安定する。
違いはそれくらいで、対応方法は白鎧骨とほぼ同じ。

VS鉄骨
HPが高く、打たれ強いが経験や魔符が美味しい。
手数が増えるだけで対応方法は概ね上記と同様。
ミルを使ってくるが、遠距離戦に徹すれば何の問題もない。むしろ見切れればARが確定するので美味しいくらいである。
盾を持っていないのでディフェンス凍結時にマグナムを撃ち込める。

VSベアウルフ
経験が美味しいが、出現率は低い。
即アタックに来ることが多いし、索敵範囲も広いが、1ターンで殺されるような火力は無いのでさほどプレッシャーは感じない。
凍結を狙うもよし、IBカウンター、レンジカウンターで地道に食うもよし。
これまたミルを使ってくるが、見切れればARが確定するのも同じ。
IBや弓で後退しないという特性があるのでARx5→ミルやIBx5→ミルが繋がったりする。

VS馬
黄色以外にはAR→カウンター、黄色にはIBカウンター、白にはFBかどうにかしてカウンター。以上。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。