概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


図書館戦争
2006年06月04日 (日) | 編集 |
メディアワークス 著者:有川 浩

この人の本はテキストが読み易いし読ませるし後味がいいし、で読んでいて安心出来る。安心出来るというの変な表現っぽいが、実際そうなのだから仕方ない。
今回も例に漏れず、それなりのボリュームがあるにも拘らず、それを全く苦にすることなく終わりまで読む事が出来た。素晴らしい。

ただ、個人的には前作である「海の底」の方が好きだが。


この人の本はいずれ友人共にも読ませてみたいところである。
本を読む習慣は無いっぽい奴らだが、AVGのテキスト読めるなら本だって読めるであろう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。