概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


Wizardry XTH 種族考察
2006年06月06日 (火) | 編集 |
勿論趣味で選んでもいいし、むしろ趣味で選ぶべきなのだが、一応、というより極めて、職や種族間で相性問題が発生する項目である。
後々悔やみたくないのであれば、それなりに考慮すべきであろう。


序盤~中盤における種族考察
勿論終わりまでやったわけではないので、最終的な判断は下せないのだが。
現在でも恐らくは中盤程度までは進んだと思われ、その過程において、いくつか実感できたことがあるのでまとめてみる。


人間 Human
標準的な人類、ということで最も感情移入し易い種族ではなかろうか。
能力的には全てにおいて平均的な数値を持つ。
そこそこの力、そこそこの体力、そこそこの素早さ、そこそこの運、そこそこの回避率を持っており、装備制限もほぼ無いのでどの職についても問題なくこなせるのが最大の強み。

実に扱い易い種族であり、ぶっちゃけ全員人間でも問題無いとは思うが、盗賊だけは素早さや運が高い種族に任せた方が上手くいく気がする。


エルフ Elf
ファンタジーではお馴染みの種族であり、外見的にも人間に近いので感情移入はし易いのではなかろうか。僕はあまり好きでないので使ってないが。
力と体力と運において人間に劣り、知恵と信仰心と素早さと回避率において勝る。
知恵と信仰心と回避率が高めの割にはそれ以外の能力が平均的であり、使い易い種族ではあるが、重い物が装備出来ないという欠点があるので意外に職を選ぶ。

能力的にはソツが無いが、装備品の制限の都合から戦士や僧侶は避けた方が無難っぽい。


ドワーフ Dwarf
これまたファンタジーではお馴染み。外見的には好まない人もそれなりにいるかも。かくいう僕もその1人だが、今回は犬っぽい外見の為になかなか愛らしい。1人くらい入れておけば良かったか。
力、体力、信仰心に優れ、重い物も装備出来る為に戦士系や僧侶系に向く。
反面、運と素早さが低めであり、特に素早さは戦士系でも僧侶系でもそれなりに響いてくる。また、地味に回避率も低い為にHPでカバーする必要がある。

力も体力もあるので戦士に向くし、同様に安定性の高い中衛として僧侶も捨てがたい。外見に抵抗がなければヴァルキリーも面白いかもしれない。
素早さが伸びない為、先手を取られ易いのがどの場合でもネックになる。


ノーム Gnome
あまり聞かない名前かもしれない。外見的には人形タイプであり、愛らしく扱い易い。
知恵、信仰心に優れ、運が高め、かつクリティカル無効、常時浮遊(罠等回避)、相性面でも全種族に対してプラス(もしくはプラマイ0)、とかなり美味しい種族である。以前に装備制限があるようなことを書いたが、実際は装備制限は殆ど無いっぽい。人形の癖に意外だ。
割といいことずくめだが、力&体力&素早さが最低であり、余程ボーナスが多くない限りは非力&HPが伸びない&先手を取れない、の三重苦を背負うリスクを持っている。また、基礎回避率も全種族最低。
以上の点より直接戦闘を担う前衛系には向いていないと思われる。

僧侶か魔法使い等のスペルユーザー、所謂後衛系に向く気がする。
どの場合でも体力と素早さがネックになる点は同じ。


ホビット Hobbit
指輪物語で有名なあの種族。人間に比較的近い外見故に感情移入し易い。
最高ランクの素早さと運を誇り、基礎回避率も高く、種族相性もプラスが多い。
が、知恵と信仰心は最低ラインであり、力も体力も低め、ついでに小柄な為か装備制限もそれなりに多い、と、欠点も目立つ。
が、方向性がはっきりしているのである意味使い易い種族ではある。
欲を言えば力と体力、無理ならせめて体力だけでもボーナスでカバーしたいところ。

普通に盗賊に向く。装備制限が後で響いてくるかもしれないが、忍者もいけそう。
素早さが高く、戦闘では先手を取り易いので地味に信頼性が高い面もある。


フェアリー Faerie
やはり有名かと思われる。サイズが小さいだけで人間のような造作なのだが、昆虫っぽい部分もあるらしい。それは困る。複眼とか触覚とかはさすがに好きになれないのだ。かといって散眼とかでもやはり困るが。
ホビットと同様、最高クラスの運と素早さ、そして圧倒的な回避率を誇り、これまた盗賊に向く。また、ホビットとは違い知恵は高め。
あと、常時浮遊な為に罠に引っかからないという特典もある。
弱点もホビットと変わらず、力と体力が最低ラインというか丸っきり最低値なところが挙げられる。ついでに装備制限も全種族で一番酷く、むしろ装備できる物の方が少ないのではないかとすら思えるくらい。

そういうわけで盗賊に向く。装備制限が厳しいが、忍者も良さそう。
後は魔法使いや錬金術師なんかもいいかもしれない。
装備制限がとても厳しいので戦士系を選ぶには覚悟が要るが、ホビット同様素早さが高く、戦闘では先手を取り易いので地味に信頼性は高い。


フェルパー Felpurr
他ではちょっと聞いたことがない種族。猫人らしい。
あまり好きではないので使ったことも無し。やはり猫耳よりはウサミミだな。
運が全種族で最低だが、それ以外は概ね水準か水準以上で回避率も高いという、能力値的にはなかなか美味しい種族っぽい。人間の上位互換といった感じか。
運が低いのと、相性的にはマイナスになる種族が多いのが欠点。

能力的には大抵の職をこなせるっぽいが、運が低いので盗賊系は避けた方が良い。
知恵も低めなので魔法使いには向かないかもしれない。
高い素早さを活かせる前衛系が良いのではないだろうか。
猫系人間や猫耳があまり好きでない(猫自体は好きだが)為、今までは使ったことのない種族だったが、NPCの静流がいい味出してたので次回使ってみようかと思っている種族。


バハムーン Bahamoon
やはり聞かない種族。ブレスを吐けるという特性上、従来のドラコンにあたる種族と思われる。見た目はちょっとアレな感じ。そうメタルウルトラマン。

よくわからないか。僕もよくわからない。

ドラコンでロードを作る、ってのが個人的信条だったのだが見た目が違い過ぎるので今回は敬遠してたのだが、公式サイトの開発室の4コマ漫画で結構いい味出していたのでサブPTに組み込んだ。

全種族最高の力と体力を誇るが、知恵や信仰心は最低という実に分かり易い脳筋種族。
素早さと回避率も低め。回避率はHPが高いので然程気にはならないが。

普通に戦士系に向く。というか魔法使い系に向かな過ぎる。
HPが非常に大変素晴らしく良く伸びるので前衛としての信頼性が高い。
献身を使えるロードに向いているのではなかろうか。


ディアボロス Diaboros
似たような種族はエンパイアにも居た様な気がするが、設定上はバハムーンと同様、XTH独特の種族っぽい。対となる種族としてセレスティアというのが居るし。
使ってないので使い勝手は不明だが、能力値だけ見るとフェルパー同様、高い数値で纏まっており、どの職も無難にこなせそうに思える。
ブレスも吐けるのでいいことずくめっぽいが、他種族との相性は最悪だそうな。

力も高いし体力も高いし素早さも平均的なので戦士系でも問題なさそうだが、知恵が高い点から魔法使いが向いていると思われる。体力も高めなので打たれ強い後衛になれるだろう。
相性問題が後々どう響くかが不安要素か。


セレスティア Celestia
従来のWizには居ない種族。設定的にはディアボロスの対っぽい。
これまた使っていないので使い勝手は不明。
能力値的にはディアボロスより平均的に劣るものの、全種族最高の信仰心と高めの運を持つ為に合計値はディアボロスと同じ値になる。ディアボロスと違いブレスは吐けないが常時浮遊という特典を持つ。

信仰心の高さから僧侶に向くが、僧侶や司教にした場合は装備品制限が結構厳しい。


まとめ:
いろいろごちゃごちゃと書いたが結局は趣味で選んでしまえばいいだろう。
多少の障害は乗り越えるのが愛とか萌えとか呼ばれるものだ。
偶に被虐嗜好というマニアックな要素が混ざることもあるが。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。