概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


オムレツ考察
2006年06月26日 (月) | 編集 |
やっと賞味期限切れの卵を全て消費。
この2日間、オムレツが食卓に並ばなかった日は皆無であった。

僕頑張ったよね。
もう外食にしようとか別のモノ作れとか言われなくていいよね…?

だがお陰でオムレツ作りのスキルが向上したことは間違いないのだ。
ありがとう3日前の僕。
ありがとう賞味期限切れた卵2パック。
今度から金に困ったら卵とバターだけ買ってオムレツ作るよ!


今回はそんなオムレツに敬意を表してオムレツを考察しようと思う。
材料
卵…2~3個
バター…一切れ

他の食材なんて無いので材料はこれだけである。超お手軽。
野菜なんかも刻んで入れればいいのかもしれないが何入れればいいかわからん。


調理手順
1.卵を適当に溶く(溶きすぎないのがいいらしい)
2.フライパンを温める(強火)
3.バターを投入する
4.卵を投入する
5.かき混ぜつつ適当に半熟状態にする
6.破れない程度に焼けたら端から引っくり返す
7.皿に盛る
8.終了


考察
2.について
フライパンが十分に熱されていないと焼く時に時間がかかるっぽい。焼く時間の長さと完成品の質の関連性は不明だが、とりあえず温めるときは強火で温めるようにした。

3.について
バターを投入する際、弱火に戻さないとバターが速攻で焦げるっぽい? とにかく焦げるのはよろしくねーので熱量には注意する。

4.について
バターがフライパンの上で小さい泡状になったら卵を投入するらしいが、これに関しては他のタイミングでは投入したことがないのでどういう効果があるのか不明。気が向いたら今度試してみよう。

5.について
外側はともかく、中身はふわふわでとろとろがプレーンオムレツの特徴(多分)なので焼きすぎないように注意する。

6.について
卵3個だと僕のスキルでは引っくり返すのに苦労した。2個が良さげ。引っくり返すときはフライパンを振って、フライパンの湾曲している縁の部分を利用して自然に引っくり返すといい感じ。これ慣性の法則か? 物理学も侮れねー。無理ならフライ返しを使うしか(卵3個の時とか)。

ソースについて
後は適当にソースを作ってかけて食べる。ケチャップでもOK。
というかソースの作り方わからん。ハンバーグとかで使われるデミグラスソースとか合いそうなのだがどうなのだろうか。


今後の課題
・卵の溶きっぷりと完成品との質の相関性を説明せよ
…「卵は溶きすぎない」ルールの証明

・フライパンの熱量の最適値を調査せよ
…焦がさず、手早く調理する為の温度

・卵を投入するタイミングと完成品との質の相関性を証明せよ
…他の要素での変動が大きそうだが

・慣性の法則と重力法則を用いてフライ返し無しで引っくり返せ
…個人のスキルを向上させる

・最適なソースを調査し、作成せよ
…気が向いたら。


結論
単純な料理だと思ったが意外と課題が多いようだ。
まあ、複雑な料理だと準備段階で既に僕の手に余るのでそれはそれでいいのだが。
後は実践の中で知識やスキルを突き詰めていけばいいのだが、卵を全部使ってしまったのでまずは新しく卵を買ってこないとね…



ってアレ?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。