概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


対人戦
2006年06月27日 (火) | 編集 |
今回は同キャラ戦が出来なかった。残念。
が、その代わり澪とガチでヤる機会が持てたのでよしとしよう。
散々負けまくったが、せめて次回までには少しは戦えるようになっておかねーと申し訳ないから頑張るしか。

長時間相手してくれた対戦相手に感謝しつつ、今回も適当に反省。



VS澪
何コレ通常技が判定で負けまくる馬鹿じゃねー無理無理!





~終了~














と、半年前の僕ならぶー垂れて終わるかもしれないが、今の僕は通常技の判定だけで勝負が決まるわけではない、ということを知っている。

そう、間合いとタイミングと風水と前世の因果だ。

間合いとタイミングは適当に計ればいいが、風水と前世の因果はどうにもならない。
前世の業の関係で体脂肪の少ない僕は冷える夜間での行動は不利であり、夜間に窓を開けて対戦するというのは明らかに風水的によろしくない条件なのだ。
どうよこの完璧な理論。
【窓が開いている】という単純な現象をオカルティックな分野で動機付け。
何せ誰も証明出来ないから嘘と断言されることが無い。
ああ理系万歳!


…が、これ以上考えると頭が悪くなりそうなので、比較的どうにかなりそうな、判定と間合いとタイミングについて考えてみる。

~弱攻撃な間合い~
お互い連打可能だが、立弱、屈弱共に相手の方が長い。よろしくない。
こちらが押している時はともかく、固められている時は無理しない方がよさげ。
まあいつものことだ。耐えよう。

~近中な間合い~
こちらの近中は大変短い。だが向こうも長くは無い。
どうせ屈中振るだろうからどの道向こうの方が長いことに変わりはないが。
結局固められている時は無理しない方がいいか。
まあいつものこt

~屈中な間合い~
なんか屈中が屈弱に負けたんですけどっ!
さすがに主力の屈中が負けるというのは想定の範囲外だ。
どうにかしなくてはなるまい。遠中の間合いまでどうもしないという選択肢もあるが。
この間合いはもう少し調べてみる必要があるな。

~遠中な間合い~
遠中はさすがに判定が強く、この間合いならカチ合って負けることは殆ど無い。
ついでに近距離モードの澪にはこの間合いで有効な攻撃手段が無いっぽい?

問題はこちら側もこの間合いでダメージを取るのが困難だということだが。
ヒット確認系のコンボの錬度を上げる必要がありそうだ。

そして遠距離モードの澪だとリーチの差で負け易い。
挿し合い狙うよりタイミングを計って間合い詰めたりした方がいいかもしらん。
やはり要調査か。

~強攻撃な間合い~
だからといって無闇に小物を撒いたり、立強を振ったりするのはよくない。
遠距離モード相手だと発生の差かリーチの差か、立強や遠中が負けまくる。立強はいつものことだが、小物を撒く暇が無いのは困りもの。
タイミングさえ計ればダッシュ屈強で勝ち易かったので奇襲は有効かもしれない。一打伝承コンボの精度を上げる必要があるか。ネット対戦だと厳しいが。

近距離モードでもD屈強なんかで突っ込んできたりするので、やはり小物を撒いたり立強を置いたりするのは怖い。D屈強は読んでいれば低空BD強で勝てそうなので、これもまたコンボ精度を上げておく必要があるか。


間合い総括
変な話だが、真琴の得意な筈の近距離で負け易く、あまり得意でないと思われる中距離で勝ち易かった。普段とは全く逆の立ち回りが要求されそうだ。
面白いっちゃ面白いが。
下手にRGを狙うよりなら適当にガードして間合いを外した方がいいのかもしらん。


次回への課題
遠距離モードの固めの割り込みポイントを特定する
…多分それなりに穴はあるはずだ
リターンが伴わないと意味が無いが

近距離モードでの割り込みポイントを特定する
…無理に割り込まない方がいい気もするが
むしろ遠中で刺すタイミングか?

D屈強に対するカウンター行動の精度を上げる
…読み違えてもリスクは殆ど無いので強気でGO
後はリターンの為にコンボ精度を上げよう

J強振りつつ跳んで来たらサマーで落とそう
…そんな素直に跳んできたっけか? 
落とした記憶が無いのは確かだが

無理そうなら潜ってしまえ
…それだな

とりあえず敵の事を知れ
…澪使おう



VS長森
何コレ通常技が判定で負けまくる馬鹿じゃねー無理無理!

今回は割とマジでそう思わなくもない。
が、それ以前に鞄割りと裏♪破裂の崩しをほぼ100%の確率で被弾している現状をどうにかしないとそもそも語る資格もないだろう。反応は無理そうなので慣れるしかなさそうだが。

とはいえ、間合いに関しては正直頭を抱えたい気分。
そもそも向こうの屈中と遠中に勝てる技と間合いがあるのか?
ま、調べてみるか…最悪の場合、挿し合いを放棄すればいいだけの話だし。

次回への課題
遠中とD立中をRGすべし
…ここを起点に
駄目なら別の手段を考えよう

トーン&セットアップの隙を衝け
…これが基本になりそうな気がする

被弾率を少しは下げろ
…目で見るな、心で感じるんだ

敵を知れ
…基本だな
長森を再び使う時が来たようだ


はて、課題が些か多いようだが。ま、気長にやるか。
最近オフラインの対戦相手の方が楽だってのがやるせない。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。