概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C プログラミング書式
2006年07月02日 (日) | 編集 |
よくわからんがルールがあるらしく、それに沿って書く必要があるらしい。

どれだけ形式があるかは分からないが、とりあえずANSI Cとやらの形式でHelloを10回。

#include <stdio.h>
void main(void)
{
int i;
for (i=1;i<=10;1++)
printf("Hello\n")
}

要するに

main()

だけで良かったのが

#include <stdio.h>
void main(void)

になったようだ。文字数増えた。面倒臭いな。
#includeプリ・プロセッサ制御文というらしいが、詳しいことは後回しだ。
#include <stdio.h>で、この位置にstdio.h(スタンダード・アイオー・ヘッダ)というファイルに書かれている内容が挿入されるということだけ覚えておけばいいとのこと。覚えておけ。
ちなみにこのことをファイルのインクルードと呼ぶらしい。
挿入…卑猥だな。

ヘッダかーヘッダがええのんかーうひひスタンダードじゃのー
あ…ぃ…Oh! いや…やめて! インクルードしないでっ!

よし覚えた。元素記号配列をポルノ小説に置き換えるスキルが初めて役立ったようだ。
友人から覚えたスキルだが、あの変態絶対に内容理解してないよな。
まあ下半身が絡むと人間はスペック高くなる傾向があるから効率的ではあるんだが。

っとまた話が逸れたか。面倒臭いがまだ続くぜ。

stdio.hはメーカーが提供する標準入出力ヘッダファイル(何のことやら)で、

・標準関数(printfなど)のプロトタイプ宣言
・各種型、定数の定義
・マクロの定義

などが行われているそうだ。何なのか。プロトタイプ? そら結構。
とりあえずそういうものだと思っておけ。俺もそう思っておく。
と、思ったら説明が書いてあった。見てもよくわからんが、一応抜粋。

プロトタイプ
…関数の仕様または定義に先立ち、関数の型と引数の型宣言を行ったもの。
結局分からんがな。日本語でOK。

マクロ
…マクロ名で示される文字列を、他の文字列で置き換える機能だそうな。
これもよく分からんな。ネットゲームでは寝マクロとかよく聞くがそれとは別物か? 

まあプロトタイプマクロも後で説明してくれるらしいから流しておこう。
とりあえずルールに従って書けってことだ。面倒臭いが秩序よりな奴は従うべし。
俺はニュートラルなので適当に従うぜ。カオス寄りの奴はどうするんだろうな?



さて、今回の大筋はこれで終わりっぽいのだが、他にも何やら書いてあるのでそちらも載せておく。ていうか勉強だし覚えておかんとならん。テストに出るかどうかは知らんがな。

俺のようにBASICも知らん人間には馴染みが無いことなんだが、Cのプログラムは

・行番号が無い(BASICにはあるそうだ)
・大文字でなく小文字ベースで書かれている(BASICは大文字なのか?)
・プログラムの書き出しが左端に揃っていない(揃えるものなのか)

といった特徴があるそうだ。ほーう。
Cは物理的な行に制約されないらしく、

>#include <stdio.h>
void main(void)
{
printf("Hello\n");
}

は、

>#include <stdio.h> void main(void) {printf("Hello\n");}


と書いても同じ意味を持つらしい。1行で済むなら下の書き方の方がよくねー? と思うかもしれないが、実際は見た目分かり易い上の方の書き方が一般的なようだ。
こういう書き方が出来るのは、セミコロン(;)で文を区切っているからだそうな。
で、斯様に物理的な行に制約されず、自由にプログラムを記述することをフリーフォーマット(自由書式)と言うらしい。
んでまあ、自由なのは結構なんだが、自由過ぎて傍から見たらよく分からんという事にもなりかねないので、見易いように適当に空白タブを入力して先頭位置をずらしたりするんだそうだ。

#include <stdio.h>
void main(void)
{
printf("Hello\n"):
}

の、printfの行の空白4つがそれだな。見易かろう。大差ない?
いいんだよ大差ないなら従っとけ。責任は俺以外が持つ。
だが多分慣れれば本当に見易くなると思うぜ。何せ日本人は形からだ。


そして分かり易くする、ということで最後にコメント文の入力についてだ。
コメント文ってのはプログラムを見たときに、それが何を意味するか分かる様に書いておく注釈のことだ。簡単に言うとメモだ。ただ日記帳では無い。日記帳にプログラムは書かないからな。

多分。

/**/に囲まれた文字列は注釈になる。
要するにプログラム本体には影響を及ぼさないってことだな。

/* テストでござる */
/* ここに書かれた文字列は見る以外に何ら意味を持たないでござる */

こんな感じか。使い道は多そうだから覚えておくとよかろう。
何か単純そうな事の割には内容が長くて今回は脳の容量を大量に消費したっぽいぜ。
覚えておけるのかねー?
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。