概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C コンパイルしてみよう
2006年07月04日 (火) | 編集 |
火曜日は勉強DAY。
しかし眠い。昨日夜遅くまで対戦していたからだ。意志力が弱いというのは罪だな。
澪可愛いよ澪。真琴? そういやそんなキャラも居ましたねえ。


さて、こう書けばこうなるよ、というだけではイマイチ理解が進まないので、実際に書いてコンパイルしてみて実行してみることにする。
ちなみにコンパイルってのは要するにコードをexeに変換することだ。多分な。
そしてその為には色々と前準備が必要だ。

一応準備手順をここに記しておく。
もっと良い、分かり易い金のかからない方法があったら教えて頂けると幸い。

BorlandのサイトにてBorland® C++Compiler 5.5(BCC5.5)をダウンロードする。

http://www.borland.com/jp/products/cbuilder/freecompiler.html
無償DLページ

DLしたらインストールする。DLしたexeを実行すりゃOK。

インストールが終了したらインストールしたフォルダ(通常はc:\borland\bcc55)の下にあるbinフォルダにbcc32.cfgilink32.cfgを作成する。

bcc32.cfgの作り方
メモ帖(普通はアクセサリの下にある。ノートパッドとも言う)を開いて
-I"c:\Borland\Bcc55\include"
-L"c:\Borland\Bcc55\lib"
と入力し、「名前を付けて保存」にて「ファイルの種類」を「すべてのファイル」にして、bcc32.cfgという名前で保存すりゃOK。
保存先は前述の通り、c:\borland\bcc55\bin(インストール先がデフォルトの場合)
ちなみに検索すりゃ完成品が見つかる。

ilink32.cfgの作り方
メモ帖を開いて
-L"c:\Borland\Bcc55\lib"
と入力し、bcc32.cfgと同様に、「名前を付けて保存」にて「ファイルの種類」を「すべてのファイル」にして、ilink32.cfgという名前で保存する。
bcc32.cfg同様完成品をDL出来る。

次にパスを通す。意味は今はよく分からないので方法だけ書いておく。
システムのプロパティ(マイコンピュータを右クリックしてプロパティをクリックでもOK)の「詳細設定」の「環境変数」をクリックし、「システム環境変数」にある「Path」を左クリックして色を反転させ、「編集」を実行する。
「システム変数の編集」ウィンドウが出てくるので、そこにある「変数値」に「;」で区切ってbcc55をインストールしたフォルダのパスを追加入力する(デフォルトではc:\borland\bcc55\binになる)。

例:
変数値が%SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbemの場合

%SystemRoot%\system32;%SystemRoot%;%SystemRoot%\System32\Wbem;c:\borland\bc55\bin

になる。

以上でコンパイルする準備はOK。

早速コンパイルしてみよう。
前回の、Helloを10回表示するプログラムのコードをメモ帳(他に適切なテキストエディタがあればそちらの方が良い)で書いて

hello1.jpg

適当に名前を付けて保存(拡張子は.cとかにするのが普通だそうな。.txtでもいいが)

hello2.jpg

commandプロンプトを開き、
(XPの場合はアクセサリの下にある。スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」から「command」と入力してもOK)

c:\borland\bcc55に移動して、
(コマンドプロンプトの「プロパティ」の「ショートカット」タブの「作業フォルダ」という項目にc:\borland\bcc55と入力しておくと楽。ついでにショートカットも作っておくと更に楽)

hello3.jpg

bcc32 hello.txtと入力して実行。

hello4.jpg
ポン、ポン、ポン、と。

このbcc32ってのがコンパイルしてくれるコマンドで、その後のhello.txtって記述でコンパイルするコードが記述されているファイルを指定しているわけだ。
訳すと「hello.txtをコンパイルしろやC言語で!」って感じだな。

hello5.jpg
コンパイル終了

これでbcc55をインストールしたフォルダにhello.exeとかが作成されたわけだが…
GUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェース)の設定とか書いているわけではないので、生でエクスプローラから実行してもDOS窓が一瞬出て終わりなのである。

なので、コマンドプロンプトから実行する。
そのままhello.exeと入力して実行(.exeは省いても良い)

hello6.jpg
Helloが10回出力された

とまあこんな感じである。
いずれ色々と覚えていくにせよ、最初はこんなものでいいだろう。
というか俺がこれしか知らねーから他に選択肢が無いんだがよ。
とにかく自分で書いて実行しないと覚えねーらしいからコンパイルしまくるぜ。
ちなみに脳みそこねこねは関係無い。いや名前には意味があるのかもしれないが。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。