概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C 例題2 データを入力して計算
2006年07月09日 (日) | 編集 |
チュートリアルの2。
前回の例題ではprintfで計算結果を出力しただけだが、今回はデータをこちらで入力して計算し、さらに計算結果を出力してみる。
そう、例題は基礎として重要だ。
これは経験則なのだが、例題や基礎問題を延々と解いていれば、何故か応用問題も解けるようになっているのである(特に数学が顕著)。
コンボ練習もこれに似ている。基礎コンボを延々と練習していたら、不器用なこの俺がいつの間にかアドリブコンボが出来るようになっていたのだ。同じコンボ練習を繰り返していただけなのだが。
人間の、脳の、不思議なメカニズムだな。一体どうなっているのやら。


中々に興味深いが、それらはまあ医学等に任せておいて今回の例題といこう。


勝利条件:
「変数aとbに整数値を入力して加減乗除し、計算結果を表示しろや」



攻略方法:
例によってaとbの計算なので整数型でaとbを宣言する。
前回の例題でxはいらない子だというのが分かったのでaとbだけでOK。

io_calculate_test.jpg
変数a,bを宣言

次に変数aとbに整数データを入力する。scanfちゃんの出番だ。
メッセージも無いと分かり難いのでprintfも記述しよう。
aとb、同時に入力してもいいけど分かり難いので別々にするぜ。

io_calculate_test2.jpg
変数a,bに整数データを入力

後は計算結果を出力するだけでOKだ。計算結果の出力にはprintfだ。簡単だな。

io_calculate_test3.jpg
加減乗除の一、加。加は加算、つまり足し算のことだ

えっ…嘘…引き算もするの…? 駄目よ…そんなに入らないわ…!
やめて…おかしくなっちゃう! これなんてエロゲ…!?

io_calculate_test4.jpg
適度に煽情感を煽りつつ、減算も記述。やはりxはいらない子

説明の必要もないだろうが、加減乗除の減は減算、つまり引き算だ。
後は乗算、掛け算と除算、割り算を記述すれば加減乗除全てOK。

io_calculate_test5.jpg
算数で習った記号と演算子が微妙に違う事に注意すれば楽勝だ。
 
終了。そんな難しくもなかったな。
では実行してみよう。

io_calculate_test6.jpg
…あらあら

素で改行と&(アンパサンド)入れ忘れた。馬鹿か。
これだから油断していると足元すくわれるというのだ。まあ自業自得だが。

適当に修正して実行。

io_calculate_test7.jpg
これでOK


余談
例によってみさくら語変換してみたんだが…
駄目だ、さすがにこんなのは載せるわけにはいかねー。阿呆過ぎる。
何が阿呆かって内容そのものもそうだが、何より10分くらい使ってみさくら語変換したり文字列コピペして新しく改行したり、それが原因で新しくエラー吐かせたりした俺自身が。

ああ、人は何故同じ過ちを繰り返すのか…!


教訓:
;忘れるなよ
&忘れるなよ
\n忘れるなよ
脳と下半身を直結させると意欲が向上するが、いらんミスが増えるので程々に
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。