概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C 文字列の入出力
2006年07月11日 (火) | 編集 |
火曜日は勉強Day。
っつか暑い。暑い。暑い暑い暑い。暑くて死ぬぜ。
クーラーは偉大だね全く。ここにないけどな。


printfやscanfを使って整数や実数のデータを入出力する方法については既に述べた。
今度は文字列を入力してみよう。
で、文字列なんだが、どうも一般変数(一般変数が何なのかは詳しくは知らんが、多分一般的な変数なのだろうよ。例えば実数とか整数とか)とは違うらしく、配列という特別な変数を使わなくてはならないらしい。が、配列についての詳しい説明は後でするそうなので、今のところははそういうものだと思っておけばいいだろう。

ってわけで宣言の仕方だ。

char str[20];

と、このように宣言する。
strはstring(文字列)の略らしいが、これは別にどんな名前をつけてもいい。
char(キャラ)ってのは文字型だが1文字しか使えないので、その後の[ ]で文字数を指定しているのだそうだ。配列ってのは変数のひとつの形態なんだとさ。
ま、とにかくこの場合はchar20個分、ということで20文字まで使える。多分。

stringtest.jpg
配列は一般変数とは違うので[ ]で領域を指定する必要がある

これで配列strが宣言されたので使えるようになった(はず)。
次はscanfちゃんで文字列を入力しよう。書式制御文字列は%sになる。

stringtest2.jpg
文字列を入力する場合は&(アンパサンド)が要らない事に注意

最後にprintfでstrに入力された文字列を出力する。
これも書式制御文字列は%sでOKだ。

stringtest3.jpg
完成

コンパイルして実行してみよう。

stringtest4.jpg
ちなみにコマンドラインで全角ひらがな使うにはAlt+半角/全角キー

こんな感じ。シンプルやね。
ううむ…だがしかし何かしっくりこないな…


そうだ、一文字ずらしてみよう。

stringtest5.jpg
よし…!

さらに、これだけでは寂しいのでprintfと組み合わせて作ってみた。

stringtest6.jpgstringtest7.jpg





OK、理解した。





最近只でさえ乏しい熱意を無駄に消費している気がしてならない。

そんな夏の日のこと。



まとめよう。

文字列を扱うには変数ではなく配列で宣言する必要がある
何文字分の文字列かは[ ]に数値を入れて指定する
書式制御文字列は%sになる
scanfで文字列を入力する場合は&(アンパサンド)がいらない
printfで文字列を出力する場合は整数や実数と変わらない


以上。簡単やね。
今は、まだ。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。