概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


マルタ・サギーは探偵ですか?
2006年07月29日 (土) | 編集 |
富士見ミステリー文庫 著者:野梨原 花南

友人から借りて読んだが気に入ったので自分でも購入したシリーズ。
何ですかまた推理モノですかフフフ最近の私はそんなに知的に見えるんですかねいや実際そろそろ推理モノはお腹一杯な気分でもあるんですが特にカルタグラ以降

まあ貸してくれる分には借りておきましょうそんな分厚くもないし4冊あるけど



と、いったことを脳内に羅列しつつ借りて読んでみたのだが


なんか推理モノじゃねえ

ちょっとこれどういうこと。
そら確かに推理モノは最近食傷気味だとは思っていたがミステリー文庫というジャンルで、このタイトルで、それはないだろう。ええいまた勝手に騙された。




ま、個人的な葛藤はさておいて肝心の中身。

上記まではなんかケチつけているように見えるかもしれないが、実際は読み易いし和むし、で悪くない。1冊があまり厚くないので、まさにライトノベルといった感じに気軽に楽しむことが出来る。そのうちミステリー部分が増えていくのかもしれないが、今は別の意味で面白いのでこれはこれでいい。

和み分が足りてないというあなたにオススメの一冊です。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。