概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


お好み焼き演習
2006年07月30日 (日) | 編集 |
もやしとキャベツが余っていたのだ。
が、私はもやしとキャベツにて構成される料理に心当たりが無かった。
そこでパンダに相談してみたところ、お好み焼きがいけるという回答が得られた。

(ちなみに他には野菜炒めというありきたりなメニューと野菜ジュースという如何ともしがたい調理法(何せミキサーの類が無い)を薦められたが却下した)


お好み焼き!

はっきり言おう、お好み焼きは好物である。
俄然食欲を刺激された私はパンダに作り方と必要な食材を聞いてみたのだが…


残念、うちには小麦粉が無かった。




だが、その時の私は既に如何な手段を用いてもお好み焼きを食したくなっていた。
ここに無いのならば買ってくればいいのである。
かくして私は深夜に1人、小麦粉を入手すべく、車を走らせる。

適当に野菜炒めでも作ればいいものを、わざわざ深夜に危険を冒してまでお好み焼きの材料を調達しようというこの情熱。不思議だ。何故面倒臭がり屋の私がこんなことを…どこからこの力は沸いて来る? そうか! これはお好み焼きに人生をかけてきた偉大なる先人達の夢…僕は1人じゃないんだ。あれ…涙が止まらない…今までお好み焼きを見て泣いたことなんて無かったのにこれはきっと

中略。

とりあえずお好み焼きの粉というそのものズバリな代物が売っていたのでそれを買ってきた。小麦粉の方が汎用性高いが、まあお好み焼きが食いたかったのでこれでいいだろう。
あとソースも買った。何せ家にソースが無かったので。

というかソースも無いのにお好みを食おうとしていたのか私は。
家に小麦粉が無くて本当に良かった。
もし小麦粉があったら食う直前になって途方にくれていただろう。
さすがにそれは笑えない。ネタにはなるだろうが。


まあとにかく材料は揃ったので製作に。

060730_0123~0001.jpg
お好み焼きの粉を水で溶かしつつ卵も加えて混ぜる。
水は何回かに分けて入れるといいらしい。実際そうしたが。
卵は溶かずに入れて混ぜながら溶かした。
ちなみにあまりいい匂いはしなかった。



060730_0130~0001.jpg
キャベツともやし投入。
キャベツは適当に千切りに。もやしは洗ってそのまま。
野菜が多すぎるのではないかという不安と戦いながら混ぜる。



060730_0145~0002.jpg
焼く。というか焼いている最中。
お好み焼きのいい匂いがする。
適当に表を焼いた後、上に豚肉を乗せ、ひっくり返して焼き、
更にそれを裏返したのがこの画面である。
実のところお好み焼きにはあまり見えないような。
形状が悪いのか?



060730_0146~0001.jpg
完成。ちょっと焦げているような。
尚、これは表の方。
裏面は上記の画像のように肉が張り付いている。



060730_0201~0001.jpg
ソースとマヨネーズ、削り節でトッピングしていただきます。
ソースを多くかけすぎて味が濃かったので飯と一緒に食す。
予想以上に腹が膨れた。卵も肉も入っているのは大きいようだ。
ちなみに表面はやや焦げていたが中身は少し生っぽかった。
お約束過ぎる。



060730_0155~0002.jpg060730_0158~0001.jpg
2枚目

1回分は100gを目安に作るのだが、量が結構多いので2枚作れるのである。
小さめに作るのなら3枚ほど作れそう。
というか火を通す都合上、小さく3枚焼いた方がいい気がする。
2枚目は先に肉を焼いた後でそれに被せるように生地を投入、ついでに真ん中を空けておいてそこに卵を投入、と素人の癖に無駄に手間をかけ、更に焦げないようにやや弱火でじっくりと焼いた。
まあ苦労のしがいはあって1枚目よりも随分とマシな出来になったが。
皿に移す際に卵の黄身部分が破れてしまったのがやや残念か。


ちなみに2枚目はほぼ全て妹が食った。

私は1枚目を平らげた時点で満腹になってしまった為である。
弱肉強食の掟は厳しいのだ。

だがまあ、概ね好評だったのでよしとしよう。
腹に溜まるしあまり手間もかからないし、でお好み焼きも悪くない。
美味いしキャベツと肉と卵があれば作れるし。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
牛君にしては上出来だ( ^ω^)
しかしソースまで無かったなんてなんておいしいオチなのだろう。
ほんとに粉がなくてえがったな~

りかちゃんの存在にビビリながら車を走らせて買いに来たなんてお店の店員もつゆしらず。
2006/07/31(月) 22:17:36 | URL | みぃたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。