概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


週末
2006年08月27日 (日) | 編集 |
集中して何種類か漫画を読む。
このせいで遊び時間や勉強時間が削れていたりするが、まあ等価だよな。
何からだって学べるものだし、うん。

思想、思考、知識が時に偏ったりする危険性はあるが。


寄生獣
久し振りに読んだら涙が出た。どうも年々涙脆くなっている模様。
意外性あるし読ませるし為になるし、やはり面白い本だな、これは。

…なんで売ってしまったのだろう?

我輩一生の不覚クラスかもしらん。
つってもまた買えばいいだけの話なので致命的ではないな。
愛蔵版はいくらだっけな。


医龍
アツい。面白い。もっと早く読んでおけばよかった。
今になって読んだから10冊程まとめて楽しめた、という面もあるので一概に出会うのが早ければ早いほど良かったとも言い切れないかもしれないが。

金が溜まったら是非自分でも買いたいと思った本。
ていうかバガボンド売ってこれ買おうかね。

保険制度とか、医療の分野に携わっていなくても他人事では済まない領域とかあるので、こういう漫画読んで医療そのものに関心を持つ人が増えれば面白いんじゃないかと他人事のように思ったりする。


セスタス
上2つと比べると見劣りはするが、普通に面白かった。
ボクシング系の格闘漫画としてみた場合は、はじめの一歩やホーリーランドの方が個人的には好きではある。ただ、ジャンルが微妙に違う気もする。ていうかそもそも時代背景が違うのか。


ユリア100式
ギャグが下品で面白かった。
上3つのせいで妙にシリアスに偏ってしまうバランスを中和してくれた漫画。
感謝すべきかどうかは微妙だが。


美川べるの系
青春爆発劇場やストレンジ・プラスなど。
独特(多分)な絵柄とシュールなギャグが個人的ツボ。
この人の本のお陰でバランスが妙にギャグ方向に傾いてしまい、シリアス系を求めて寄生獣や医龍、セスタス等を読み始めた、というのが此度の流れだったりする。

高校時代、とある友人に会わねばタクティクス・オウガに触れず、
タクティクス・オウガに触れなければオウガバトルに触れず、
オウガバトルに触れなければオウガバトル系の4コマ漫画に触れず、
オウガバトル系の4コマ漫画に触れなければこの人の漫画との接点は無かった、

など、偶然の連鎖ってあるものなんだなあ、と感じさせてくれた本でもある。

いやマジで。

実際、探せば結構あるのではないかな、こういう経験は。
歴史にifは無いとはいえ、改めて見てみると中々に面白いものだね。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。