概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ひデブ
2006年08月30日 (水) | 編集 |
ぼこられたのでちょっと練習してみることにする。
技能で勝てなくても我輩にはこの執念と探究心があるのだ。僅かでも経験と知識と演算を技能に還元していけるならば敗北すら勝利への第一歩。糧。手がかり。10000枚用意された籤引きで9999回外れを引けば残りの1枚は確実に当たりであるが如くそれは確定された未来と言えるだろう。


さあ、作戦開始だ




ところで我輩の祖国には

「将を射んと欲すればまず馬から射よ」

という大変ありがたい格言があり、罠を多用する我輩としてはそれは確かに一理ある、と思われるものであるので、その格言に則って研究を開始することにする。

higurasi_s.jpg

いい感じだァー


次回はきっと1発で我輩が勝つね。


一応今回の収穫:
3人だとCPUと組んだ人が高確率で負ける
…まあチームワークというか姑息さの合計の差というか。

だが組んだCPUが富竹なら高確率で勝てる
…未だに理由はよく分からないがとにかく富竹が強い。

遠距離タイプ2人相手に罠は…
…これはちょっと厳しい。頑張って接近しないとダメか? 近接戦苦手なんだが。

頑張ろう。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。