概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


C その他の演算子
2006年09月13日 (水) | 編集 |
大分涼しくなってきた。2週間くらい前にも言った気がするが。
その癖今日も昼間はそこそこ暑かったりとやはり油断ならん。


演算子最後の項、今まで出てこなかった様々な演算子達の話だ。
今まで色々とやったが、演算子は他にもあるということで。


代入演算子

=で表現されるアレだな。
これは左辺に右辺を代入するという単純なものだが、他にも特殊な代入があるらしい。

sum+=dat

こんなのだな。主にループ文で何回か見たか。
これは、

sum=sum+dat

と同じ意味になる。右辺に左辺が含まれているのは省略出来るっぽい。
例えば、

b=b*(c+1)

みたいに見た目ちょっと複雑な式なんかも

b*=(c+1)

こんな風に省略して書けるわけだな。
+=の他にも-=や*=、/=、果ては論理演算と組み合わされたりもする、これらの演算子を複合代入演算子と呼ぶそうな。



sizeof演算子

初見な演算子。型のサイズをバイト数で返す演算子なそうな。

sizeof(型)

といったように記述する。使える型はint、double、char等の基本的なものからポインタ、配列、ユーザーの定義したタグ(? この次の章で出てくる予定)、typedefで定義した型(? まあそのうち出てくるだろう)、変数名まで指定可能。

sizeof_test2.jpgsizeof_test.jpg
こんな感じに



ポインタ演算子

ポインタに使われている*や&の事だな。
内容についてはポインタの項で既にやったので省略。



キャスト演算子

一度だけ出てきたかね。型を一時的に指定の型に変える演算子だ。
これについては後で出てくるそうなのでここでは省略。



メンバの参照演算子

構造体、共用体のメンバを参照する為の演算子だそうだ。何だそら。
これについては次の章でやるそうなのでその時にでも。



関数呼び出しと添字式

()と[]も演算子に入るので、今まで使ってきた関数や配列のアレも演算子。
まあそれだけの話ではある。
働きについては今まで使ってきたから大体は分かろうというものだが一応は、

関数名(引数リスト)
関数のアドレスが()より求められ、そのアドレスをコールするということ

配列名[式]
配列名で示されるベースアドレスに、[式]で示されるデータ数分のアドレスを加算したアドレスの内容を参照するということ

なのだそうだ。却って分からなくなった気もする。



まとめよう。

こんな演算子達も居るんだよ

まとめようが無かった。
何に使うのかイマイチ分からんものや、後でやるといったものが多いのではどうにも。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。