概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


メイズプリズンの迷宮回帰
2006年12月13日 (水) | 編集 |
祥伝社 NONノベル 著:上遠野浩平

マガジンやサンデーを立ち読む為にふらふらと立ち寄った屋で新刊を発見し、購入。嬉しいが予定外の出費なのでTちゃん言うとところのクビキなんとやらと両方を買う金は無くなってしまった。

まさに2者択一。
しかしここにきてどちらか片方を選べと言われれば、Tちゃんの薦める本は敬遠しろ後にしろ他の人の意見も聞けとボクの本能が叫んでいる気もする。

まあTちゃん推薦に関係なく、上遠野浩平の新刊は発見した瞬間買う事が決定されてしまう為、手持ちの金が少ない場合は発見するかしないかの2択にしかならないのだが。
全く、切ない財布事情だ。
あまりに切なすぎてサンデーとマガジン立ち読みしてくるの忘れたくらい。


何しに本屋に行ったんだか。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
新青春エンタ!
という見出しなのですが、果たして青春なのかどうか・・・。
燃え(萌え)る事は間違いないんですけどね。
なんだろ、モエかんを小説にしたような感じです。
あ、ネタバレですかorz

でも、一瞬でも俺の言っていた小説を考えてもらえただけでありがたいですよ。シカトされるより何万倍も嬉しいです。

作家の名前が
「西尾維新」、
ローマ字だと「NISI O ISIN」、
ローマ字を逆に読むと「NISI O ISIN」
つまりは回文ですね。
言葉遊びが大好きな作者さんで、文章にもそれがよく表れてて面白いです。登場人物の苗字が全部『あ、い、う、え、お』と続いていたりとか。

気が付けば「ん、もしかして・・・」と思っちゃう。
1度読んだら抜けられませんね、これはw
2006/12/16(土) 04:03:03 | URL | Tちゃん #-[ 編集]
印象くらいならネタバレにはならんわな。

そして、本は好きなので薦められれば大概飛び付きますよ。
今回は財布の中身に余裕が無かったのでどうにもならんかったけれども。
2006/12/18(月) 02:43:20 | URL | Forest #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。