概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


年度末
2007年03月29日 (木) | 編集 |
客観的には中々に切羽詰ってきました。何せ3月は残り2日です。
あと2日以内に全てを終わらせねばなりません。
普段はあまりストレスを感じたりしない私ですが、さすがにこの時期は厳しい。


ので

ST280007.jpg
甘いモノなんぞ作ってみました

洋菓子とか食うと落ち着くのです。可能ならば作る過程をパスして食う結果だけを得たいものですが、やはりそう上手くはいかないのが世の中というものです。面倒臭。


この傍目には何なのかよく分からない物体の作成手順

友人が以前作ってきてくれた洋菓子(多分)で、自分の好物でもあり、
中々美味しかったので調理方法を聞いて自分でも作ってみました。

材料
クリームチーズ(フィラデルフィア)…250g
卵…2個
グラニュー糖…70g前後
ビスケット…リッツ1袋
コーヒー…通常のコーヒーの3倍の濃さ
リキュール…20~30CC程度
ココアパウダー…適当

材料は割とお手軽です。
リキュールやココアパウダーは所持していなかったので新しく買いましたが。



調理方法
1.クリームチーズを適当に暖かい位置に置きます
2.適当にインコに餌をやります
3.TVを見たりDSをしたりして時間を潰します
4.おもむろに卵を割り、白身と黄身に分けます
5.柔らかくなったクリームチーズと卵の黄身を混ぜ合わせます
6.ひたすら混ぜます。混ざったらとりあえずそこら辺に安置
7.今度は卵の白身にグラニュー糖を少し加えて混ぜます
8.混ぜたらまた少しグラニュー糖を加えます
9.加えたらまた混ぜます
10.混ぜたらまた少しグラニュー糖を以下略
11.以下略
12.メレンゲと称される物体になるまで8~11を繰り返します
13.メレンゲと称される物体になったら、それを半分6.に加えます
14.ひたすら混ぜます
15.ひたすら混ぜたら、残りのメレンゲと称される物体を加えます
16.そこそこに混ぜます
17.通常の3倍の濃さを持つコーヒーを作成します(お湯150CC程度)
18.通常の3倍の濃さを持つコーヒーにリキュールを20~30CC程度加えます
19.容器に16.と、18.に浸したリッツが階層になるように入れていきます
20.ココアパウダーを表面に塗します
21.一晩くらい冷やします

完成です。

手順にすると妙に長いですが、要するにクリームチーズと卵の黄身を混ぜて、残った白身でメレンゲを作って、メレンゲとクリームチーズと卵の混合物を2回に渡って合成して攪拌し、それとコーヒーとリキュールの混合物に浸したビスケット(本当はクッキーがいいらしいのですが、残念ながらありませんでした)を交互に重ね、冷やすだけです。簡単です。

まあ美味いのを作るとなると、其処此処に工夫が必要と思われますが。
実際、少々まろやかさが足りない気もします。生クリームとか必要かもしれません。



しかし個人的には好物なんだが、家族の評判はイマイチだったり。
もう少し改良が必要ですかね。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
なにこれ・・・
SSみたとき思ったのは・・・・
正直に言うね

カビの生えたぬかみそ
2007/03/30(金) 00:37:44 | URL | みーたん #-[ 編集]
食い物に見えただけ上等なんだろうか。
妹の場合、予めティラミスと言ってたのに見せた瞬間何コレとか言われた。
まあ気持ちは分からんでもないが。

アンタもティラミス作ってみるといい。
きっとこんな感じになるから。つーかなれ。
2007/03/30(金) 23:10:15 | URL | Forest #-[ 編集]
今度暇があったら材料そろえて作ってみるか・・・
もしも、綺麗にできたらごめんね(・ω・)
2007/04/01(日) 13:55:42 | URL | みーたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。