概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


EFZ対戦 
2006年01月21日 (土) | 編集 |
週末ということで久しぶりに長時間対戦した。
リプレイ取っていなかったので細かい所まで把握できないのが残念だ。今度から取る事にしよう。


とりあえず覚えている分だけでも今回の反省点

真琴VS舞
・空対空では無理しない
J小、J中に負けた状況が多いので高度、間合いに注意すること。
似たような高度なら先にJ中出しておけばいいんだろうか。

・地上戦でチェーンに無理に割り込まない
屈中がぎりぎり届かないような間合い、遠中がぎりぎり届かないような間合いで固められたらじっと我慢。
行動するのは相手が飛んだ時か霧散ガード後かね。

・コマンド精度を上げる
当たり前の事だが、ミスが多いのも事実。
足払い→小狐火とか鼻血が出る。
何故かその後に燃えてくれていたりしたが。

・無闇に小物を撒かない
RF縮地、麦穂薙、魔物ビーム(正式な技名知らない)に注意する。
間合いとタイミング。

・だが小物無しでは無理をしない
補助にも保険にもなるのでなるたけ撒く。

・ダッシュ攻撃読まれてる
毎度毎度同じようなタイミングで固めていたら、そら返される。
パターン増やそう。

・当て投げ読まれてる
毎度毎度同じような手段で投げていたら、そら返される。
サマーとか混ぜよう。

・低空弧月を見切る
目で見るのではない。感じるのだ。

課題は多いが、いろいろとやれること(やらなくてはならないこと)が多いのでなかなか面白い。


美汐VS舞
剣対槍、魔物対獣の槍なので問題なし。


名雪(起)VS舞
何やればいいかわからない時点でアウト。
コンボとか立ち回りとかもう少し練習しておかないと。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。