概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


夏野菜
2007年09月27日 (木) | 編集 |
数ヶ月に渡って庭の畑で結構な収穫があった。
虫取りもしてないし草毟りも自分はしてないしと放任主義であったにも関わらず、だ。
大地の女神とお天道様の恵みに感謝するとしよう。

庭の仲間達
ナス様
2本植えていた。
料理に使用しない日もあったので定かではないが、大体3~4日に2~3本程度の割合で中サイズのナスが収穫出来ていたと思われる。
焼いて良し炒めても良し、煮物(主にカレー)、味噌汁の具と大活躍。
艶のあるボディに割り箸を突き刺せば盆の飾りにもなるという優れ物。

トマト様
2本植えていた。
あまり収穫出来なかった。支柱の立て方が悪かったのか、結構な割合で実が地面に接触してしまい、さっさと腐ったり虫に食われたりしたのも多い。勿体無い。
それでも最盛期は2桁くらい収穫出来たのでソースを作る事も出来た。
生で食したり煮込んでソースにしたり煮物(主にカレー)に使ったり。
独特の臭気と甘味、酸味がたまらない。トマト最高。

ミニトマト
結構獲れていたみたいだが、自分は食わんかったのでよう知らん。
普通のトマトは好きだがミニトマトは好きではないのだ。
あのミニトマト臭とミニトマト味がよろしくない。
恐ろしい事に栄養価は普通のトマトより高いらしいが、普通のトマトとのサイズの差を覆えし得る程のものかどうかは知らない。

キュウリ様
2本植えていた。
生命力が強いのか、他の野菜の敷地まで侵食して下さりますのが困りどころだがそれ故か、長期に渡り瑞々しいキュウリを食卓に提供してくれた。1日に中サイズのが2~3本辺りだろうか。
地面に沿って支配域を広めており、うっかりすると腕に近いくらいのサイズのジャンボキュウリが意外な場所に密かに育っていたりして笑えたり困ったりする。
大き過ぎるものは中身がスカスカで美味しくないのである。
已む無く皮を剥いて炒めてみたりするが正直微妙。
大量に獲れるが、生で食うか酢の物くらいにしか使い道を知らないのが残念。
来年までに他に何か良い食し方を探しておきたい。

ピーマン様
2本植えていた? 1本はパプリカだったような気がしてならないのだが色といい味といい明らかにピーマンです本当にありがとうございました。

パプリカどこいった? いやマジで。

主菜足りえないので忘れがちだが、気がつけば結構な量が収穫出来たりする。
炒め物やカレーの具のお供なんかにして緑の彩りを加えたり。
仄かな苦味や意外な瑞々しさが美味しい。
しかし生で食うのはやり過ぎだと思う。

三つ葉さん
数年前に植えたものが野生化した模様。
庭に至る通路(車庫側)と、庭の15%程度の面積を占拠状態。
主にインコのおやつに使用。味噌汁に入れる事もある。
夜収穫に出向くとナメクジが這っていたりして微妙にスリリング。

アシナガバチ様
植物につく芋虫とかを主食としてくれる益虫らしい。
勝手口付近に巣を作ったが、うちの母親に撃退・廃棄された。
益虫ということで落ちた巣を回収し、適当な場所に安置したが次の日には蟻に襲われて全滅していた。何という弱肉強食。

しかし気がついたら勝手口上部にまた巣を作っていた。
今度は位置が高いのでうちの母親も無理には撃退出来ず、また、気をつければ近付き過ぎて刺される事も避けられそうなので今度こそ静観する運びとなった。
夏の日々、庭や畑を飛び回る働き蜂に和んだり。
来年も庭に巣を作ってくれればいいが。

ナメクジ野郎
庭に大量に居るっぽい…
基本的に昼間見ることはないが、夜間に収穫に出ると遭遇したりする。
酷い時にはピーマンの内部に潜んでいたりもした。図々しい。
こいつらの天敵を庭に投入したいと思い、調べてみたが…

アヒル:昔飼っていた。うるさい上に手間とコストがかかる
蛙:可愛いしコストもかからないのだが繁殖に足る水気が無い
マイマイカブリ:殆ど見ない。売っているのも見ない
コウガイビル:見たこと自体無い上にナメクジ以上に見た目が気色悪い

手間かコストをかけないとどうにもならんと判明。
来年までに対策を考えておきたいところ。

ミミズ様
草を毟るとそこそこ出る。それなりに繁殖して下さっている模様。
効果の実感は湧かないが、土を豊かにしてくれるとの事なので末永く平穏に暮らして頂きたいと心から願う。

ワラジ虫
ほぼ庭全域で生息を観測出来る。
別に嫌いじゃないし、害も無さそうなので放置安定。
そもそも駆除する手間と駆除後のメリットが全く釣り合っていない。

蜘蛛
恐らく女郎。2~3匹程度見る。洗濯物台と野菜の間に巣を作っている。
嫌いな生物だったがラゴデッサ様と底蟲村のお陰でか、今では凝視して腹の模様を観察して気色悪さに眉を顰めることが出来る程度には耐性がついた。
畑付近にいるので野菜を食いに来る虫を捕食してくれているかもとは思うが、どちらかというと益虫の部類に入る蜂なんかも巣にかかって干乾びていたりするので益虫なのか害虫なのかは謎である。
つーかそもそも蜘蛛は虫じゃなかったか。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
こないだピーマンたくさん買って放置してたら二個が真っ赤なピーマンになったよ。
たぶんパプリカってそうやって作るんだと思うの
(・ω・)b
植えたパプリカは無くなったんぢゃなくってピーマン→パプリカに成長するまで待てば良い。
2007/10/07(日) 23:53:20 | URL | みーたん #-[ 編集]
それか

しかしどちらのピーマンがパプリカなのか分からない
パプリカの方が丸っこいのだったか?
2007/10/10(水) 00:36:03 | URL | Forest #-[ 編集]
まるっこいよねパプリカ
でもパプリカって肉厚だよね
しかもあれ、イタリアのものぢゃなかった?
秋田の極寒ぢゃダメかもね~v
2007/10/10(水) 18:58:19 | URL | みーたん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
キュウリキュウリ(胡瓜、''Cucumis sativus'' L.)はウリ科キュウリ属のつる性一年草。およびその果実のこと。未熟な実を食用とする。インド北部、ヒマラヤ山脈|ヒマラヤ山麓原産。日本では平安時代から栽培される。胡瓜の「胡」という字は、シルクロードを渡って来たこと
2007/09/30(日) 08:38:28 | 植物辞典
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。