概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、というか去年の夏から年末にかけて読んだ本
2008年01月05日 (土) | 編集 |
活字の方。

脳の中の幽霊 角川書店 著:V.S.ラマチャンドラン 訳:山下篤子
親父殿のオススメ。下手な推理小説より面白いとの事。
タイトルに幽霊とあるが、内容はオカルト関係ではなく(タイトルの幽霊というのもghostではなくphantomの方である)、脳という単語が示す通り、脳内で起こっている様々な働きに関しての本になっている。
内容がちょっと難しい上にボリュームもかなりあるので読み終えるのにかなり時間がかかった。
夏~年末にかけての読書時間の大半がこれに費やされたんじゃないだろうか。
小説と違い、やろうと思えば自分の興味のある部分だけ齧り読んでも然程問題ないので、ちょっとした時間に少しずつ目を通すといった事も可能なのが救い。

無い筈の腕や足などが痛を感じるという幻肢痛の話が恐らくメインだが、それ以外にも本人の自覚無しに見えない筈のものを知覚する脳の中のゾンビーや人間なら普遍的に持っている盲点と盲点への書き込み(帳尻合わせ?)、現実を認識し情報を得る右脳とその情報を現実らしく加工する左脳、神の問題や進化論的な?疑問、等等、日常的に経験していてもおかしくない話も多く、脳神経とか心理学とかよく分からない領域に詳しくない素人な自分でも興味深く読む事が出来た。
また、テキストも堅苦しい訳ではなく、外国の人らしい妙なユーモアが時折あったりして面白い。ここら辺は和訳の人も上手いってのもあると思うが、下手な推理小説より面白いと言われるだけの事はあったと思う。
まあそもそも専門家だけではなく、一般的な人向けの本でもあるらしいので、あえてそういう書き方をしているという面もあるのだろうが。

ただ、ハマって真面目に読むと頭、というか脳の中が痒くなるような気がするので、そういうのをあまり好まないという人にはオススメ出来ない。
逆に言えば頭、というか脳の中を痒くしてみたい人にはオススメ。
自分らが何気無く処理しているリアルタイムな情報というものが、実際にはどれだけ複雑な仕組みによって処理され、認識(自覚?)に繋がっているか、垣間見ることが出来る

…かもよ?


脳の中の幽霊再び 角川書店 著:V.S.ラマチャンドラン 訳:山下篤子
そのまま、脳の中の幽霊の続編。
が、どちらかというと脳の中の幽霊の補足っぽい。内容が結構被る。

新しい話としては、自由意志の実験が面白かった。
任意のタイミングで行動するという実験なのだが、明らかに自分の意思で決めた筈のタイミングであるにも関わらず、実際に実行するよりも0.75秒程早く、脳では電位変化が生じている、という話である。
バキでも最近似たようなネタが出ていたような。
人間の意志が先なのか、それとも意志と呼ばれる概念そのものが単なる脳内の化学変化によるものに過ぎないというのか、割と聞く命題ではあるが、改めて考えると中々面白い。
ま、どっちであっても日常生活には支障がないし、どちらと主張する知識も無いんだが。

他にも芸術関係の話もあるが、芸術とかは自分とは縁がないのでパス。


火星の人類学者 ハヤカワ文庫NF 著:オリヴァー・サックス 訳:吉田利子
親父殿の所持する脳神経学シリーズの3冊目。
上2冊とは作者が違うが、この人の本も有名らしい。

白と黒の2色しか見えなくなった画家、トゥレット症候群の医師、自閉症の研究者、他、先天的か後天的か、恐らくは脳になんらかのダメージを負ったか、あるいは何かの機能が上手く働いていないのか、働かなくなってしまったのか?な人達の話。
ただ、ネガティブな面ばかりではなく、それらの病がある種の驚異的な才能、感性に繋がっている、繋がる事もある、という話でもある。
特に表題となっている火星の人類学者の項は普通にいい話だと思った。エッセイ系は殆ど読まない(少なくとも意識しては読んでいない)のだが、こういうものなのだろうか。
訳者の後書きも含め、よく出来た小説並に楽しめた一冊。
普通の文庫サイズなのでこちらの方が脳の中の幽霊より取っ付き易いと思う。
また、テキストとしても普通に読み易い。
和訳した人上手いな。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
トゥレット症候群 に関する情報を最新ブログやユーチューブ、通販商品から検索してマッシュアップしてみました。
2008/01/14(月) 10:20:53 | マッシュアップサーチラボ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。