概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近、というか去年の夏から年末にかけて読んだ本2
2008年01月28日 (月) | 編集 |
活字の方。脳神経系の3冊以外

オーパーツの謎 二見書房 著者:南山 宏 
これまた親父殿のオススメ。
こういうのはオカルトの領域かと思っていたが、当時の技術では説明出来ない各種の訳のわからんシロモノが何点か、各地で発見されていることは事実らしい。
オカルトっぽいのが関わってくるとしたら解釈の方か。

水晶髑髏やイースター島のモアイ、ピリレイスの地図等は有名だが、他にもあるわあるわ。
大石球は列 海王にでも任せればいいとして、巨石建築とか誰がどうやったんだか。
現時点では合理的な説明が全く出来ないが、それでも存在しているのは確かであるというジレンマ。事実は小説よりも奇也。ロマーン!

ちなみにオーパーツとはout-of-place artifacts の略で、
"場違いな工芸品"といった意味らしい。


へんないきもの三千里 basilico 著者:早川いくを
あの「へんないきもの」の続編?
今回は小説なので少々毛色が異なるが、相変わらずの不思議生物と味のある挿絵は変わらない(ただ、小説故に挿絵のページは少ないが)のでへんないきものが好きな人は特に抵抗もなく読めるのではないかと思う。
小説としても悪くないので、小説読みでナマモノが好きな人にもお薦め。割といい話です。


手紙 著者:東野 圭吾
こちらは母親の薦め。図書館から借りてきた本らしい。返却済みなので出版社は分からない。
最近ではガリレオというドラマで(恐らくは)有名になった人の本であり、当然推理小説かと思って読んでいたのだが、実際は全然推理小説では無かった。また勝手に騙された。

タイトルからは想像し難いが、被害者の遺族だけでなく、加害者の家族も様々な事で苦しむ事になるという、結構きつい話。
感情では理不尽と感じるが、理屈の上では納得出来る上に現実味もある。
しかし自分ももっと頑張らないとなあ、と前向きな気持ちにさせてくれる本でもあった。
テンションが下がりがちな人にお薦めしたいところ。

もしかしたら余計欝になるかもしれないが。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。