概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近のDS
2008年01月24日 (木) | 編集 |
最近の、というよりここ最近まで遊んだDSのゲームと言うべきか。
どちらにせよ大差ないが。

テイルズ オブ イノセンス
略称TOI。テイルズの新作。60時間くらいハマって遊んでいた。大半がギルドDと雑魚虐殺の時間だが。
前作は地雷と名高いようだが、今作はDSにしてはかなり頑張っていると思う。
フリーランやワンタッチでキャラを切り替えてコンボ継続、銃の追加、等、戦闘が楽しい。
ただ、L1L2R1R2を使ったショートカットが使えなくなったという結構痛い欠点もあるが…。
面白い部分と明らかに目に付く欠点が混在しているので微妙に薦め難いゲームではある。

シナリオには期待出来ない。
が、今回はいいキャラが多かったので割と相殺出来ていた感じ。


FF4
DSリメイク。結構ハマって遊んでいたがTOIよりもプレイ時間は短い。
シリーズの中で2番目に好きなFFなのだが、何せプレイしたのが15~16年程前、当時の自分は中学生、という事もあって改めてプレイするとところどころで違和感を感じたりもした。

「こんなに展開の早い話だっけ?」

SFC版と比べると戦闘が随分と難しくなっており、全体攻撃を使う敵が複数出たり不意打ちされたりすると世界樹ばりに全滅する、というか個人的には世界樹よりも全滅回数は多い。
その代わりか、レベルは上がり易くなっているが、金が妙に稼ぎ難くなっており、ついでに強さもかなり装備に依存しているので、今までとは違ってレベルさえ上げておけばジェノサイド雑魚キリングターイム!という訳にはいかないのでやっぱり結局難易度は高い。

そういう訳で難易度がそこそこ高いRPGでシステムを楽しみたい人向けだろうか。
戦闘のテンポが少々悪い、システムがややもっさり、ボイスが微妙、辺りが欠点だが。


高速カードバトル カードヒーロー
未クリア。シニアまで進んだ。
この手のゲームは対人戦が華だとは思うが、CPU相手も気軽で楽しい。
というかCPU相手でも勉強になる事がまだまだ多いので対人戦は当分後か。
ルールやカードの用法もゲーム中で教えてくれるし、ダメージ計算等のシステムも親切なので自分のような初心者にもとっつき易く、その上で新たな発見や意外性もあり、奥も深く(多分)、何より集めたカードの特性を見てるだけでも面白い、という結構な当たりゲーム。
これで自分と近い実力の対戦相手が居れば言うこと無しなんだが。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。