概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


驕らざる者も久しからず
2008年03月08日 (土) | 編集 |
ボスに随分と苦労させられたがどうにか勝利して第4層に到達。
第4層は音楽はいいのだが、落とし穴が多くてマッピング面倒臭い。
いや、落とし穴はどうでもよくてカボチャの多さがうっとうしいのか。
物理通らない上に弱点も無く、マップで位置を確認出来ない上にこちらをしつこく追尾し、壁に追い詰められれば逃げられなくなるのは勿論、戦闘でもPT全員の全身を縛ってくるので前衛が腕を封じられれば無力化、後衛が頭を封じられればやはり無力化、前衛後衛問わず足を封じられれば逃走も不可、と面倒臭いことこの上ない。
その上、特定の地点に到達すると突然湧いたりするのである。退路を断つ場合すらある。
お陰で無駄に糸使ったり糸忘れて全滅したりするハメになったわボケが。

L40時の各々のステータス
名前HPTPSTRTECVITAGILUCATKDEFブースト
ペット448934012422331136121HP10
パラ子307982920491630111134HP1
ソードマン295753821353121120113HP1 STR1 AGI1
ダークハンター283973724313419119105HP1 TEC1
ブシ子27874482024442513596HP1 STR1 AGI8 LUCK8
ドクトルマグス2371123532402122117114STR6 TP1
メディ子22911722531723298574
レンジャー26795252225522710398TEC2 AGI5
バード232106233527372210481
カースメーカー20614212471931409164TP5 TEC5
アルケミスト20326116621828306663TP10 TEC10
ガンナー16780312513123513373TEC1 AGI1

ブーストもかなり増えてきたので最早純粋なステータス差とは言い難いが。

今週のエース:第3階層ボス
今週の空気:無し


ペット
ブースト:HP10
パッシブ:忠義の心3、自然治癒10、自然回復5、最後の足掻き5
アクティブ:アニマルパンチ1、体当たり1、ワイルドガード3、傷舐め1、転寝1
探索:呼び寄せの遠吠え1、威嚇の吠え声1

武器を変えたら火力は大幅に増えたが行動速度は遅くなり、多分命中率も下がった。
敵を行動前に落とせない、行動後でも確率で落とせない、というのは予想以上に痛い。
アクティブスキルも有効に使えるのが転寝くらいしか無いので攻撃役としては微妙に。
だが、自動発動型盾としての性能は健在なのでブシ子とセットで動くことが多い。


パラ子
ブースト:HP1
パッシブ:盾マスタリ10、オートガード1
アクティブ:シールドスマイト1、フロントガード6、バックガード5、フルガード5、挑発10、パリング1、全力逃走1
探索:採掘1

第3層ボス戦における立役者。つーか盾役者。
やばい時にはフロントガードorフルガード、それ以外はシールドスマイト連発で削り。
シールドスマイトLv1でも180辺りのダメージ、敵の行動前に攻撃出来、しかも外さず、確率で腕まで縛るというのは美味し過ぎた。
第4層雑魚戦でもガード、シールドスマイトの安定度が高く、いい人材。
だが、シールドスマイトを使わないと微妙火力なのは変わらない。


ソードマン
ブースト:HP1、STR1、AGI1
パッシブ:剣マスタリ7、斧マスタリ5、ダブルアタック3
アクティブ:レイジングエッジ1、トルネード1、ソニックレイド1、チェイスファイア5、チェイスフリーズ5、チェイスショック5、ウォークライ5
探索:採掘1

固い敵が居なくなり、またも微妙生活に逆戻り
…と、思いきや、アルケミストが全体攻撃術式を取ったことにより、チェイス準備→アザステ大雷光→チェイス発動、で敵全体をほぼ壊滅させる超殲滅型前衛に。
行動が早く回避率が高く麻痺まで与えてくるうっとうしい蜂、回避率が高く厄介な仲間まで呼ぶ忌々しいテントウムシ、HPが高く火力も高く毒まで与えてくる危険な蠍などを開幕で消し去る事が出来るのでアルケミスト、レンジャーが居ればエースになれる。
アルケミスト、レンジャーが居なければ只の脳筋。あと雷鳥は勘弁な。


ダークハンター
ブースト:HP1、TEC1
パッシブ:剣マスタリ6
アクティブ:ヒュプノバイト10、ドレインバイト5、ミラージュバイト5、カタストロフ10、ボンデージケア3
探索:伐採1

物理に強い敵は去ったのでまた使えるキャラに。
ダメージが通る分には相変わらずスキルのコストパフォーマンスは悪くなく、ソードマンで一掃出来ない雷鳥にスキルで大ダメージを与えられ、ついでに無極の前提で取ったボンデージケアも中々に便利。
行動速度も早く、安定して先手で大打撃を与えられるので信頼性が高い前衛。


ブシ子
ブースト:HP1、STR1、AGI8、LUCK8
パッシブ:白刃取り5、青眼の構え10
パッシブ:鞘撃1、小手討ち5、月影1、雷耀突き1
探索:採掘1

白刃取りを覚え、少しタフになった。複数攻撃や全体攻撃でも1人だけ無傷だったり。
それ以外は特に変わらず。やはり通常攻撃の火力が突出している。
他の前衛が持ち味を発揮し始めたので最近はやや地味化。
そろそろ月影のLvを上げるか全体攻撃を取得するかすべきか。


ドクトルマグス
ブースト:STR6、TP1
パッシブ:巫剣マスタリ10、巫術マスタリ3、精霊の守り5
アクティブ:睡攻大斬2、恐吸大斬1、呪吸大斬2、キュア1、ヒーリング1、転化5、鬼力化5
探索:無し

スキル構成は概ね変化無し。TP永久機関。
第3層ボス戦にて鬼力化、ヒーリング、アイテム使用で奮戦する。
回復のみならず支援も行なえるのでボス戦ではメディックより有用かもしれない。
後はエリアヒールが欲しい。SPが全然足りないが。


メディ子
ブースト:無し
パッシブ:回復マスタリ5、戦後手当10、博識5
アクティブ:キュア3、ヒーリング1、エリアキュア1、リザレクション1
探索:警戒斥候5

スキル構成は全く変化無し。戦後手当最高。
保留ポイントだけが増え続けている。いっそ休養前提で殴りを試してみるか。
第4層でまたピットが増えた為、マップ埋めにはドクトルマグスより活躍している。


レンジャー
ブースト:TEC2、AGI5
パッシブ:逃走率UP1、弓マスタリ3、先制ブースト5、危機感知5
アクティブ:スローステップ5、ソニックステップ3、アザーステップ1
採集:伐採1、採取1、採掘1、警戒歩行9

これまた自身はほぼ変わらず。
が、アルケミストやガンナーが全体攻撃を積極的に使い始めたのでコンボとして活躍。
先手必勝アザステで殲滅しまくる(実際にダメージを与えているのは他の面子だが)。
また、第3層ボス戦でもアザステでガンナーを補佐し、開幕チャージショット、開幕ヘッドスナイプの運用を可能にしていた。まあ開幕ヘッドスナイプはともかく、チャージショットは頭を縛った後でしか使わなかったのであまり意味が無ったかもしれないが(3層ボスは頭を縛れば有効な行動がまず来ない為)。
味方が強くなればなるほど強くなるという(それも味方が)、何という他力本願。


バード
ブースト:無し
パッシブ:歌マスタリ7
アクティブ:猛き戦いの舞曲10、聖なる守護の舞曲10、韋駄天の舞曲1、火劇の序曲3、氷劇の序曲3、雷劇の序曲3、耐邪の鎮魂歌4
探索:採取1

3層ボス対策の為に耐邪の鎮魂歌を取得。SPが少なかったので4しか振れなかったが、5人中2人は寝なくて済んだので多分それなりに効果はあったと思いたい。
他にも戦いの舞曲、守護の舞曲でPTを支援。守護の舞曲の効果はよく分からなかったが、戦いの舞曲の方は目に見えてダメージが上がったので貢献度はかなり高いと思われる。
その後は何かと忙しいドクトルマグスの代わりにアイテム係として奔走する。
色々便利なので、ボス戦、FOE戦に居ないと不安が残る程度のキャラにはなってきた。


カースメーカー
ブースト:TP5、TEC5
パッシブ:呪言マスタリ6、博識5
アクティブ:幻惑の呪言1、睡眠の呪言5、畏れよ我を5、罪咎の呪言5、自ら滅せよ5
探索:無し

戦闘用のスキル構成には変化無し。
博識が5になってアイテムがもりもり溜まるようになったのは嬉しい。
相変わらず睡眠の呪言が凶悪。
つーか効き過ぎんだろこれ。


アルケミスト
ブースト:TP10、TEC10
パッシブ:炎マスタリ1、氷マスタリ1、雷マスタリ5、解析5
アクティブ:火の術式1、氷の術式1、雷の術式5、核熱の術式1
探索:伐採1、回帰の術式1

核熱の術式を取り、これで全体攻撃可能と思ったら単体用だった。
TP20で単体かよ。また勝手に騙された。ティルトウェイトを見習え。
LV40時点では習得していないが、次のLVで大雷光の術式を習得し、レンジャー、ソードマンと共に第4層で雑魚虐殺機関として猛威を振るっている。


ガンナー
ブースト:TEC1、AGI1
パッシブ:銃マスタリ7
アクティブ:レッグスナイプ5、アームスナイプ5、ヘッドスナイプ5、チャージショット5、精密射撃1、フレイムショット1、アイスショット1、サンダーショット1、掃射4、ドラッグバレット4
探索:採取1

パラ子同様、第3層ボス戦における立役者。頭縛り係&火力係として活躍。
パラ子が安定戦力なら、こちらは頭封じと最大火力による決定打である。
頭を封じた後はバード、ドクトルマグスの支援付きの高火力チャージショット連発で削り。
発動、防御力に補正がかかるだけあってダメージはかなりのものであった。
第4層雑魚戦でもアザステ掃射で開幕に壊滅的ダメージを与える等、活躍。
漸くアルケミストとは違う部分でガンナー強いと思えるようになった。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。