概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


何回やっても何回やっても
2008年03月22日 (土) | 編集 |
ラスボスに勝てない。
世間では弱いとの評判のラスボスだが、どうも自分のPTにとってはかつてない強敵のようだ。
タフで戦闘が長期化し易く、行動パターンが多くそれぞれに対処が必要で、しかも連戦である。
縛りやテラー等、確率で勝てる手で以って挑んでも2回連続で勝利せねばならず、ああでもない、こうでもないと試すもののどんどん芽ばかり生えていく。

コストパフォーマンスと雑魚掃討に特化してきた結果がこれだよ



悩まし過ぎる手駒

ペット 
最大火力:大暴れ5
支援手段:傷舐め1、アイテム
状態異常を確率で回復出来るのは利点だが、全体攻撃を勝手に庇って勝手に死ぬ。
運良く死ななくても攻撃行動が遅いのでカウンターが来ればやはり死ぬ。
どこから見ても、何回やっても、勝てる要素が一切見当たらない。いつ完成するんだこいつは。
論外。

パラ子
最大火力:シールドスマイト4
支援手段:フロントガード10、バックガード5、フルガード5、アイテム
保留していたSPでシールドスマイトを上げたらカウンターより早く行動出来るように。
勿論タフで行動も早く、火力もあり、いざという時にはガードもあるので前衛枠最有力候補。
迷う理由がほぼ無い。さすがにボス戦用の人材なだけはある。

ソードマン
最大火力:各種チェイス5
支援手段:アイテム
HP、防御力共に悪くはないが、チェイス以外の攻撃スキルが微妙過ぎて火力としては物足りない。
チェイス誘発要因が行動速度の遅さから使い難い為、チェイス祭りも難しく、見込み薄。
カウンターより早く行動出来るのは有難いが、やはり雑魚戦用人員か。

ダークハンター
最大火力:ヒュプノバイト10
支援手段:アイテム、ボンデージケア
HP、防御力共にソードマンに僅かに劣るが、攻撃スキルが充実しており、状態異常も期待でき、TPブーストによりTPも豊富で、更に行動速度も早いので火力役としては安定している。
状態異常、各種縛りに対して抵抗力があるのも密かな利点。前衛枠の有力候補。

ブシ子
最大火力:月影5
支援手段:アイテム
火力職として何かと評価が高い職だが、うちのブシ子の最大攻撃スキルは月影5。
月影は腕を結構縛ってくれるし、コストパフォーマンスもいいので長期戦になっても使い易いが、単体に対する瞬間火力を見た場合はパラ子、ダークハンターとどっこいどっこい。
防御力も低く、VOID2のダメージで一発で落ちるのも痛い。
同じ火力要員ならガンナーの方が色々とやれるが、ガンナーはカウンター前に行動出来ない。
ううむ難しい。

ドクトルマグス
最大火力:睡攻大斬5
支援手段:鬼力化5、ヒーリング1、転化5、アイテム
行動の早い鬼力化、ヒーリング、アイテムで今までのボス戦での要だったが、今回は鬼力化しても戦闘の長期化は避けられず、全体攻撃から定期的にPTを立て直さなければならないので、エリアヒール無しというのは大変厳しい。
また、前述の通り戦闘が長期化するので回復役としての仕事も多く、鬼力化を貼り直すのも大変であり、普段は便利な転化も回復に追われて使う暇が無い。
今回は留守番だろうか。

メディ子
支援手段:ヒーリング4、エリアヒーリング1、リザレクション1、アイテム
戦闘が長期化するということでTPブーストを10にした結果、莫大なTPが得られた。
行動は遅いながらも全体回復出来るので、回復役としては十分と言える。
皮肉な事に回復以外やる事が無いので回復のみに専念出来るのも利点。
恐らく今回の回復役はメディ子で。

レンジャー
最大火力:スリープアロー5
支援手段:アザステ
メディ子と組めばいざという時に最速で回復出来るが、平時の火力役としては心許ない。
先制と奇襲防止もラスボス戦では意味が無く、決定的な火力を持った人員も居ないので攻撃面における行動補佐も然程意味は無し、ということで後衛枠を使うだけのメリットは見出せず。
やはり雑魚戦用人員ということで今回は見送り。

バード
最大火力:通常攻撃
支援手段:各種舞曲、蛮族の行進曲10、耐邪の鎮魂歌5、アイテム
ここで使わないでどこで使うのか。支援枠最有力候補。
ドクトルマグスが居ないので支援効果3つ全てを埋められるのが利点、というか、戦闘が長期化するので是非埋めなくてはならない。
どうも守護の舞曲ではVOID2のダメージを軽減出来ていないっぽいので、保留していたSPで蛮族の行進曲を取得し、火力支援、状態異常防止、HP増幅で支援枠を埋める予定。
恐らく今回のキーマンになるであろう。

カースメーカー
最大火力:畏れよ5→滅せよ5
支援手段:睡眠、呪い、盲目、変化の呪言5
ボス戦の強い味方だった変化の呪言が全く効果が無かった(ダメージが変わらなかった)為、やる事が畏れよ→滅せよコンボしかないのだが、15ターンくらい殴り合って効いたのが1回程度なので火力役としても行動阻害役としてもイマイチ。
しかもVOID2が来れば高確率で即死する。
今回はちょっと居る意味が無い人員。かなり留守番候補。

アルケミスト
最大火力:炎の術式5、氷の術式5、雷の術式5
支援手段:アイテム
なんだそのあわれなじゅつは…
行動が遅く、カウンターだと即死する上にダメージ自体も貧弱。かなりアウト。
しかしまあ雑魚戦に特化した人員なので仕方が無い。

ガンナー
最大火力:チャージショット5
支援手段:各種縛り5、ドラッグバレット4、アイテム
ギルドにおける最強の火力の持ち主。
チャージショットによる最強攻撃は勿論、素の火力も高いので各部スナイプで縛り効果を期待しつつ削る事も出来、ドラッグバレットでPT全体の状態も回復出来る、とオールマイティーに活躍してくれる後衛枠の有力候補。
だが行動が遅いのでカウンターが来れば死ぬ。
また、打たれ弱いのでVOID2が来ても即死する。



まとめ
前衛候補:パラ子(ほぼ確定)、ダークハンター(有力)、ブシ子(?)、ドクトルマグス(?)
後衛候補:メディ子(有力)、バード(確定)、ガンナー(有力)

…整理してみたらあまり選択肢が残らなかった。
迷う余地が然程無いな。とりあえずこの面子でやってみよう。
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。