概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


D強攻撃考察
2006年02月28日 (火) | 編集 |
個人的使用率低い技No.1であるダッシュ強攻撃について考察してみる

DC3.jpg
ゾンビあうー

なんでこんなモーションがあるんだ



他の技は調べる過程でいろいろ使い道を見つけたりするのだがこの技は…。
前回までは判定が強いということでかなり使える技だったらしいのだが、今回で修正されて発生が遅くなった。

拳を前に突き出しながら突進
DC2.jpg
見た目はバーンナッコーに似ていなくもない

出は遅いが、持続は長い。
D攻撃ということで間合いそのものは広いがリーチはそうでもない。
ダウンを奪える攻撃で、終わり際を当てた場合にはIC無しで拾う事も可能で、ついでに結構なダメージを取れるコンボになる。
出がかりの部分はコマンド技でキャンセルが利く。JCはどの部分でも不可。

特徴だけ見れば結構使い所はありそうではある。
とりあえず出が遅く持続が長い技のセオリーとして終わり際を当てるという使い方が良さそうだが…
DC4.jpg
拳ひとつで勝負せんかい!

DC5.jpg
あフン

どうにも判定に不安が残る。つーか本当に判定強いのかこの技?

では今度は出がかりはどうかというと…
DC6.jpg
発生が遅いので出る前に潰される

離れているとD自体潰される可能性が出てくる
かといって近い間合いなら通常攻撃の方が使い易い
やはり小物と合わせて扱うしかないのだろうが、小物と扱うなら他にもっと回転の早い技(もしくは下段)があるわけだし。
もしかしていらん子なのではないのかコレ?



だがここで友人の言葉を思い出す。
まだ運転に不慣れで頻繁にギアをセカンド→トップと入れ、サードギアの存在を無視しまくっていた自分に対して奴は何て言っていたか。

「サードもちゃんと使ってやれや

可哀相でしょ

OK、分かった。

つまりそういう技なんだな、これは?


まあマジな話、それ以来ちゃんとサードギアを使うようになったし、この技だって終わり際先端当ての場合はD屈強のスライディングより隙が小さいようだし、持続だってD屈強と似たようなものだし、ということで多分それなりに使い道があるのだろうと思う。
単に自分がそれを見出していないだけで。
少なくともRGのタイミングずらしには使えるだろうから、今度から少し組み込んでみよう。


20060228185731.jpg
思い出だけじゃ生きていけないよね
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
http://jump.sagasu.in/goto/blog-ranking/でリンクされていたので見にきちゃいました
2006/03/02(木) 04:46:59 | URL | ヤス #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。