概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


D弱中攻撃考察
2006年03月04日 (土) | 編集 |
D攻撃各種はラッシュをかける際に重要な選択肢である。

dash.jpg

D中攻撃だけでいいんじゃねーかって気もするが、ともかく各種見ていこう。
真琴の通常技の強みは接近戦における回転率、ということで間合いを詰めつつ固められるD攻撃は立ち回りに置いて重要である。
各種中攻撃のガードさせて有利な技や、小物から繋いでいくのが王道。
弱攻撃の刻みに図々しく混ぜていくのもよい。
ただ、どれもこれもRGに弱いので注意。


D弱
dash_a.jpg
前進しつつ肘打ちを出す

見た目は高速で移動しつつ立弱。Dしている分、発生はやや遅くなるようだが相変わらずガードさせて五分らしい。
連打が利かないので普通の立弱ほど強気で振る事が出来ないが、前進するという特性のお陰でリーチの短さという欠点をある程度緩和出来る。
空中ガード不可なのでJ防止になり、また、浮いた相手も拾い易い。
でもD中でいいんじゃないかという気がしなくも無い。
コンボでは相手を運ぶのに使ったりする。浮きが低いので伝承と相性がいい。


D屈弱
dash_2a.jpg
前進しつつ小足

見た目は高速で移動しつつ屈弱。Dしている分、発生はやや遅くなるようだがD弱よりは早いらしい。ガードさせれば有利なそうな。
これまた連打は利かないが、ガードさせて有利であるし、普通の弱攻撃の最発生が最速クラスということでそう簡単には割り込まれない(RG時を除く)。
発生の早い下段攻撃を前進しながら出せるので微妙な間合いで立ちガードしつつ後ずさるといった行動を抑止出来る、と、昔ある人が教えてくれた。
最速だと移動距離が短い為にすかし行動各種や間合い調整に向き、怪しい動きで目を楽しませてくれる。
D強絡みのコンボに使われる事もあるが、それ以外ではまずコンボには使わない。


D中
dash_b.jpg
前進しつつコンニャク

見た目は以下略。Dしている分発生は以下略。相変わらずガードさせて有利らしい。
呆れた事にD弱よりも発生が早く、空中ガード不可で、ついでにガードさせて有利なのでD弱の存在意義を食ってしまいかねない。
使用感としてはD弱の方がヒット確認(というかRG確認)で技を出し易いような気がするのだが…証明出来ないのでどうにも。
拾ったり運んだりするコンボに使われるのは同様。ただ、浮きが高い為に伝承と相性が悪いのでコンボなら一応棲み分けは利くか。
発生が早いせいか、最速で出した時の間合いが意外に狭いのが欠点と言えば欠点。


D屈中
dash_2b.jpg
前進しつつ銃把?で殴る

見た目とか省略。
下段の攻撃だが何故か空中ガードは可能らしい。ガードさせて有利なのは変わらず。
他のD攻撃(強除く)と比べて発生が遅く、リーチが長く、持続が長い。
RGのタイミングをずらせたり、ヒット確認行動がやり易かったり、タイミング次第でヒット後に目押しで弱攻撃に繋がったりする等の利点がある。下段攻撃なのもポイント高い。
屈中同様これも使い易いが、発生の遅さがネックにならないように他の発生の早いD攻撃を意識させておくとよい。


なんだかんだ言ってそれぞれがJ防止の上段、発生の早い下段、発生は遅いが持続の長い下段、と役割分担が出来ている。適度に混ぜていくこと。
D弱の役割? 
ううむ…
check_mate.jpg
細かい事はどうでもよろしい
スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。