概ね方位不定だが多分割と偏っている
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


文庫2冊
2006年04月14日 (金) | 編集 |
ブギーポップの最新刊と『弩 怖い話』の最新刊(3巻)を読んだ。

ブギーポップはさすがコンスタントに面白かったんだが、今回は時系列がよく分からなかったり、全体的な話の中でどう関わってくるのか分からなかったりした。
今回のは外伝的な話なのかもしらん。もしくは伏線なのかもしれないが。
戦地調停士の方の続編はまだか。


『弩 怖い話』は『超 怖い話』シリーズの傍系かね。このシリーズは自分が中学生の頃から続いている(一時期絶版?になったが)という、凄まじく息の長い怪談だったりする。ちょっと他に例がないんじゃないかこれは。
著者は何回か変わっているみたいだが、作者のユーモアすら感じさせる独特のテキストは変わらない。あの文才は流石と思う。書いてる人違うのにな。
で、怪談だが今回のはエロに纏わる怪談ということであまり怖くなかった。どちらかというと怪談というより奇妙な話という感じ。やはりエロが関わっているからかね。エロは偉大だ。いやエロ小説じゃないからテキストはエロくないけど。
実際に怪異に遭遇したならば恐怖を感じるのだろうか。
霊感ないっぽいから機会はなさそうだが。まさかこの歳になって幽霊なんて見ないよなあ。

しかし最近は生きている人間の方が怖いのがどうにも。
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。